FROSCH BLOG

リーズナブルに直しますよ

P9210785.jpg

 

964MT車でシフトレバーが正常に動かなくなり

シフト操作できない現象が起きます。

構造を知っていればなんとかギヤを入れて緊急移動させることができますが

普通は立ち往生になってしまいます。

 

 

 

P9261223.jpg


センタートンネルのアンダーカバーを外しますと

シフトリンケージが出てきます。

普通は矢印のレバーはこんな風には落ちてきません。

こうやって外れてしまうとシフト操作が正常にできなくなっちゃいますよ。



 

P9210774.jpg


外れる理由は、ボールジョイント部の樹脂ブッシュが砕けてしまうからなんです。

遊びが多くなったり、動かしてカチャカチャと金属音がしてるとかなり痛んでます。

そうなる前に交換しておくのもいいと思いますが、

良否判定するのには、もう外してしまうことと同じ作業になるので

交換歴がわからなければ、点検というより交換になるとご理解ください。

 

 

 

P9210776.jpg


硬化したブッシュはポロポロです。

 

 

P9261232.jpg


では、ブッシュを交換すればOK?となりますが、

パーツリストで見るとブッシュ単品で供給は無く、シャフトアッセンブリーを

購入せねばなりません。

それはあまりに高価なので、フロッシュではブッシュだけを交換する作業を行います。

 

 

 

P9210781.jpg


ちょっとコツはいりますが、気持ち良く新品ブッシュを入れて元通り。

信頼性が確保できると判断した場合は、アッセンブリーパーツを使わず、

リーズナブルに修理する方法を駆使してるフロッシュなのでした。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

カレンダー < >

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最新ブログ記事

記事カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索