FROSCH BLOG

993カップカー タペット調整

P5277639.jpg

珍しい作業を久々に行いました。

993カップカーバルブクリアランス調整です。

俗に言うタペット調整ってやつですね。

 

 

P5277641.jpg

よく知ってる人だと疑問に思うはず。

993って油圧タペットだから、調整なんて必要ないのでは?

そうですよねー、本来は油圧パーツを使っててメンテナンスフリーです。

しかし、993CUPカー

そこはやはりレーシングカーと言う事で、調整必要なのでした。

 

 

 

 

P8110912.jpg

これはノーマル993のロッカーアーム回り

特徴は、調整ネジの無い先端部、中に小さなラッシュアジャスターというパーツが

組み込まれてます。 

PB121260.jpg


それと、ロッカーアームシャフトの固定方法はボルト留めに。

993だけこの構造です。

 

P6187080.jpg

964まではこのようなタイプ

アーム先端の調整ネジでクリアランス調整します。

ある意味、メンテしやすいですね。

バルブクリアランス、0.10mmにあわせます。

 

 

P5297677.jpg

カップカーのクリアランス調整はバルブステムの頭にかぶってるこの部分。

 

P5297679.jpg

キャップタイプの隙間合わせシムです。

このシムの厚みを変えて隙間を適正にします。

資料によると Intake  0.10~0.12 mm

                   exhaust   0.15~0.17 mm

 

 

P5297705.jpg

シムの厚さはさまざま

マイクロメーター使います。

 

P5297707.jpg

よく見ると、数字が書いてますね。

2.05 mm

磨耗したり、調整するのに研磨してあったりするので、測定は必要です。

 

P6108772.jpg

レーシングロッカーとノーマルの比較。

レーシングパーツって美しい。

 

P6108773.jpg

993 CUPカー、レーシングロッカーアーム

1個だけ展示してるので、また来店時 手にしてみてください。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

カレンダー < >

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新ブログ記事

記事カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索