FROSCH BLOG

水冷997にもオイルクーラー付いてます。

P3071186.jpg

997のオイル滲みの修理をします。

エンジン下側、ミッションとのつなぎ目付近がお湿りですね。

 

 

P3071193.jpg

どこがら伝ってくるのか、よ~く観察しないと原因箇所はわかりません。

下からエンジンの上部を見上げるようになんとか覗き込みます。

すると、湿っぽくなってる箇所を見つけました。

全体像は全く見えませんけどね。

 

 

P3242424.jpg

上からも確認したいところですが、

エンジンルームはぎっしりと詰まった感じで何も見えません。

補機類を外していくしか無いようです。

 

 

P3242446.jpg

エアクリーナーBOXを外し、ベルトも外し、

クーラーコンプレッサーはずし、パワステのオイルタンクはずし、

邪魔な物は外すしかありません。

未開の地を探索する探検家のような気分です。

 

 

P3242451.jpg

やっとこさ奥を覗けるようになりまして、

何やら怪しいであろう箇所も見えました。

見えてるだけで、手も付けられない場所ですね。

 

 

P3242453.jpg

更にジャングルの奥地を目指して進みます。

スロットルを外し、インテークマニを外し、インジェクターや

ブローバイホースを外して、外してはずしまくり。

 とにかく狭いので、ネジを緩めるのが一苦労。

外れたパーツを出してくるのは知恵の輪の原理で・・・・・・;;

 

 

P3242456.jpg

全貌が見えてきた。 

オイルのような、ヘドロのようなベトベトした様相のパーツは?

これは、オイルクーラーです。

エンジン上部に乗ってる、水冷式オイルクーラー。

水冷エンジンになった911だけど、エンジンオイルは9Lぐらい入ってます。

それを冷やしたいがためのオイルクーラーでしょう。

ここまで来ても、オイルクーラーの固定部は見えません。

エンジンルーム一番奥の狭い箇所での作業はストレスですよ。

 

 

 

P3272681.jpg

噴出する冷却水やエンジンオイルと戦いながら

なんとかオイルクーターを外すと、エンジン上部はけっこう漏れたオイルで汚れてます。

これが下に伝って垂れてきてたようですね。

 

 

P3272688.jpg

段々積み重ね構造のオイルクーラー本体からの滲みがひどいです。

これはもう交換するしかないようです。

 

P3242469.jpg

3600ccとSの3800ccのエンジンで、オイルクーラーの品番が違いました。

日本国内在庫なし、2週間以上も入荷に時間がかかってしまいましたよ;;

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

カレンダー < >

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新ブログ記事

記事カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索