FROSCH BLOG

こんなリフレッシュもどうですか?

 

             

 

運転してて一番触れている箇所

それはステアリングでしょう。

擦れ、圧着、手垢に汗の染み込んだステアリングのリフレッシュはどうですか?

keep9では、そんな依頼もお受けします。

 

CIMG0588.JPG

964のエアバック付き純正ステアリングの革の巻き替え交換依頼受けました。

なるべく同色に近い色を希望されまして、

純正の紫がかったグレー「クラシックグレー」ってやつですね。

 

CIMG0589.JPG

完成画像です。 かなりいい仕事してるでしょう?

縫い目は、埋め込みタイプにしました。

擦れに強く、ペケポン縫いより少し簡単です。

 

CIMG0591.JPG

お金かかるから、自分でやってみよう!って思いますが、これがなかなか

かなり技術のいる作業なんですよ。 おそらく途中で断念するか、

納得いく仕上がりにはならないでしょう。

この巻き込んでる部分もいい感じ。

 

 

CIMG0592.JPG

つなぎも純正に忠実に1箇所で。 


 

CIMG0593.JPG

これならご満足いただけること間違いなし。


CIMG0664.JPG

ナローのステアリングです。

年代を感じますが、リフレッシュすることで素敵な肌触りに復活し、

ドライビングも楽しくなるってもんです。



 

CIMG0677.JPG

糸が解れるのもよくあります。

革が大丈夫であれば、糸の縫い直しだけでもできますよ。



 

CIMG0678.JPG

ポルシェの縫い方はペケポン縫いが主流です。

若干余分にテクがいるので、料金も少~しだけアップです。


 

CIMG0670.JPG

90年964のエアバック無しステアリング

 

 

CIMG0671.JPG

13万キロ走行ですが、まだまだ解れはありませんね。 丈夫です。

 

 

CIMG0675.JPG

993のステアリング、エアバック付き

 

 

CIMG0676.JPG

埋め込み縫いに改善?されてます。 耐久性&コストで勝ってるからかな?

 

 

CIMG0672.JPG

RUFのステアリング。

中古でも結構高値のつく人気商品ですね。


 

CIMG0673.JPG

これはまた変わった縫い方ですよ。

 

 by  zako

 

 

 

 

 



 

カレンダー < >

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新ブログ記事

記事カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索