22万 4,000キロ 無交換クラッチ 993編



クラッチ無交換記録です。

22万 4,000km

普段の通勤に使ってる993カレラ

 

 


 

RIMG3651.jpg

そろそろクラッチペダルが重く感じるような・・・・

でも滑ってる雰囲気はありません。

クラッチ内部がどうなってるのか見たいのもあって

クラッチオーバーホール実施

 

 

 

RIMG3692.jpg


ミッション降ろすと、初めて見たぐらいの

赤茶けたクラッチカバーが見えました。

そうとう使いこんだイメージですね。

 


 

RIMG3693.jpg

ミッション側ももちろんです。

ミッションシャフトのスプラインも錆びてます。

クラッチ板のスプラインと勘合して摺動するので

動きが悪くなるとクラッチが切れてないような症状がでたりします。

 

 

 

RIMG3705.jpg

かろうじてクラッチ板の溝が残ってますが

ほぼ使い切りでしょう。

でも 22万 4,000㎞ 持ちました!

 

 

 

 

RIMG3708.jpg

ダイヤフラムスプリグのクラッチカバー、

ダブルマスフライホイール用のクラッチディスク、

クラッチレリーズベアリング

3点はセットで交換です。

 

 

 

RIMG3702.jpg

振動を吸収できるダブルマスフライホイール

まだ機能は問題なく、そのまま使用します。

 

 

RIMG3714.jpg

6速ミッションのシンクロもまだ違和感ないので

今回はそのままで行きます。

どれぐらいメンテナンスフリーで行けるか実験ですね。

やっぱり911のクラッチはかなり頑丈なクラッチだと

言うことが実証されました。

 

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

   月別アーカイブ
アーカイブ