オールペイント、全塗装って大変なのよ。

  

                

CIMG2897.jpg

全塗装の依頼がありました。

一見オリジナルで問題なく綺麗に見ますが、

赤は微妙に色あせて、まだらになったり薄らいだりしやすいのです。

磨きやコーティングでは一時しのぎだと感じられたようです。



一生の相棒ですから、美しい本来のガーズレッドを取り戻したいとの

オーナーさんの熱い想いがありました。


 

 

 

 

CIMG4002.jpg

そうと決まれば、バラシが始まります。

全塗装にもいろんなコースがあるでしょうが、仕上がりにこだわるのであれば

パーツは全て外すのが鉄則です。

マスキングテープではどうしても境界の際が完璧ではありませんから。


 

 

 

CIMG4011.jpg

案外いろんな物を外さないといけないのですよ。

手間もテクニックも必要です。

 

 

 

CIMG4032.jpg

フロントフェンダーとカウルトップパネルの隙間モールは曲者です。

抜いたり入れたりが非常にやりにくい・・・・・



 

 

 

CIMG4030.jpg

今回は同色全塗装なので、まだやりやすいですが、

色替えとなると、ドアを開けたところや、奥の奥まで塗る必要があったりして

更に手間がかかります。もちろん料金も違ってきますね。

ドアミラー配線も、「どうして?」って構造ですし、

ドア内張り脱着は、ドアアウターハンドル分解に必要な作業です。

 

 

 

 

CIMG4060.jpg

比較的綺麗な固体なので、さっと塗るだけでいける?と思ってましたが、

よく観察すると、ドアやフェンダーにエクボが多数。

このまま塗装するわけには行かないので、板金修理が発生します。
 

ドアハンドルは外します。
 

 

 

CIMG4052.jpg

反対のドアもエクボが多数・・・・・

 

 

 

CIMG4044.jpg

これまた綺麗に見えたバンパーも、傷や擦れがあって

補修しなければいけませんでした。

 

 

 

CIMG4200s.jpg

で、フロントガラスを外すと、シールの下から錆がー;;;;、

幸い穴が開くほどではありませんでしたが、当然補修しなければいけません。

しっかり除去しないと後からまた出てくるのは間違いないですから

 

 

 

 

 CIMG4041.jpg

 外したパーツは全部洗浄します。

跳ね上げた泥や砂がいっぱい詰まってます。

塗装のときのゴミ噛みの大敵ですから!

手間かかってるでしょー!

 

 

 

 

CIMG4198.jpg

一応この状態で塗装屋さんに運びます。

フロント、リヤ、リヤサイドのガラスを外してます。

ランプ類、ワイパー、ミラー、モール、クレスト、エンブレム、

丸裸。
 

よく、「全塗装したらいくら?」って聞かれます。

どこまでバラします?どこまでゴム部品替えます?でかなり変わりますよ。

今回のように補修箇所のありなしでも違ってきます。

パネルの下に錆が広がってたり、パテがてんこ盛りだったりしたら最悪です。

メタリックカラー、ソリッドカラーでも上下します。

要因がいろいろあって簡単には回答し難いってことをご理解ください。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4233.jpg

苦労の記録を記念撮影しておきましょう。

 

 

 

CIMG4236.jpg

ドアの内張り関係一部とガラスは写ってません、。

 

 

CIMG4242.jpg

ボディー以外にもこれだけのパーツを塗ることになります

サンルーフ無しでまだ良かった、

 

 

CIMG4245s.jpg

ネジや小物も分けて保管

 

 

CIMG4237s.jpg
CIMG4241s.jpg

CIMG4244s.jpg

塗り終わって帰って来てからの組み立てが一番大変;;;

完成した美しい930を見て感動するまで

もうしばらく時間がかかります。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 
 
 
 
 

   月別アーカイブ
アーカイブ