2016年2月アーカイブ

CIMG8996.jpg    

                             

CIMG3700.jpg

930乗りならたまらない最高のスタイル

74カレラ RS 3.0 

たった109台しか作られておらず

欲しくても,お金があっても手に入らない幻のクルマ

昔、憧れた記憶が蘇ってきたらしい。


なので作ってしまうことにしました。

 

 

 

 

CIMG8464.jpg

簡単に作ってしまおうと言ったものの、

かなり大変なことに後から気が付いたのであった・・・・


オーバーフェンダーは純正ターボフェンダーパネルを発注

 

 

 

 

CIMG8448.jpg

もちろんリヤフェンダーも純正

オーバーフェンダー部分だけ接ぐのではなく

丸ごと交換を選択。

この選択が後の苦労の始まりであった・・・・・

 

 

 

 

CIMG8391a.jpg

ビックホェールテールリヤウィング

本物はさすがに見つかりそうも無いので

レプリカをUSAから輸入

このウィングの造りなんて、考えられないぐらいの悪精度。

8割がた作り直したと言っても過言でないぐらいの

補修を加える必要があったのであった・・・・

 

 

 

 

 

IMG_20150821_160752.jpg

意外と補器類をたくさんバラス必要があります。

 

 

 

IMG_20150908_151343_1CS.jpg

911のフェンダーはボルト以外にコーティングでしっかりと

密着されてるので、外すだけでもかなり大変。

 

 

 

IMG_20150908_172123.jpg

ポン付け感覚で思ってたら大間違い

30年前のクルマと現代の補修パーツは一筋縄では付きません。

チリ合わせ、位置あわせで、付けたり外したりを一箇所10回以上は行ったとか・・・・

 

 

 

 

 

IMG_20151016_182819.jpg

リヤフェンダー完全にカット作業です。

新品パネルと車体の長さが合わないという不具合もあり

板金屋さんは泣いておりました。

 

 

 

 

CIMG0986.jpg

やっぱりターボフェンダーはかっこいいかも。

フェンダーラインは、パネル丸ごとなので綺麗なオリジナル曲線ですね。

 

 

 

 

CIMG1155a.jpg

バンパーのフィッティングも大変です

位置決め、穴あけ加工、

 

 

 

CIMG1077a.jpg

ライセンスランプの取り付け、

2本出しマフラーのパイプ逃がしカットも。

納期もあって、何の失敗も許されません。

 

 

 

DSC_1413.jpg

同色全塗装

 

 

DSC_1432.jpg

塗ったらフェンダーラインがはっきりとわかるようになりました。

 

 

 

CIMG3551.jpg

最後はひたすらパーツの組み付け

一番気を遣う部分ですよ。

 

 

 

CIMG3416.jpg

ガラスシール&モールはすべて新品交換

 

 

 

 

CIMG3391.jpg

CIMG3536.jpg

特注サイドデカールを貼ります。

最終段階です。

 

 

CIMG3625.jpg

リヤウィングのでかさがわかりますね。

 

 

CIMG3688a.jpg

なんとか形になりました。

ミラー、ライトリム、アルミロールバー

 

 

 

 

P4273351a.jpg

Before

 

 

 

CIMG3793a.jpg

After

 

 

CIMG3740.jpg

9J、11J RSRホイール

ホイールはあえてRSRフィニッシュに。

 

 

 

CIMG3728.jpg

本物に忠実に作ってもらった

ゴールドに黒淵のCarreraデカール

ゼブラゾーンデザイン製

 

 CIMG5011.jpg

 

 

 

CIMG3800.jpg
CIMG3867.jpg
CIMG3796.jpg
      CIMG3875a.jpg

 


めちゃくちゃかっこいい。

満足のいく仕上がりになったと思います。

いろんな人が協力して作り上げた至極の一台です。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ケイマン 水温計 警告灯 コショウ

 

           

CIMG6737.jpg

07年 ケイマンの水温計の警告灯が点滅したとのこと

矢印の赤いところがピカピカと激しく光り、水温の針は下がってしまいます。

そして中央のオンボードCPには 「コショウ:インジケータ」の文字が。

 

 

 

 

CIMG6741.jpg

こうなると診断機にかけてみるしかありません。

あっという間に判断してくれます。

「水温センサ、電気的故障」

ちょっと曖昧ですよね。

センサー本体故障、配線トラブル、メーター故障、まで絞り込んでくれたらいいですが、

電気的と言われたら、そこから診断をしてみないと何が大元かはわかりません。

 

 

 

 

 

 

CIMG6731.jpg

コンピューターに入力されてる数値を見てみましょう。

水温約22度、電圧3.4V

実際のエンジン内部水温に対して、水温センサーの抵抗値が変化するので

伴って電圧が変化します。

その電圧から判断すると 約22度だとクルマは言ってるのです。

 

 

 

 

 

CIMG6733.jpg

電圧が下がって、水温は上がる。

そんな関係で推移するのがわかりますね。

 

 

 

 

 

 

CIMG6747.jpg

更に電圧が下がるので、水温表示は上がります。

ここまでまず正常です。

 

 

 

 

 

 

CIMG6742.jpg

で、突然、電圧が約5Vに上がり、 なぜか水温は85度

警告灯ピカピカピカ
 

電圧高いので本来なら 水温かなり下がってないといけないのでは?

実はこの時、水温センサー系に異常が起きたと判断してます。

コンピューターは水温85度に強制的に設定し、

ある程度エンジンが正常に作動するようにセーフモードに入ってたわけです。

まじめに電圧に合わせて、水温がめちゃくちゃ下がったと判断してしまったら

燃調濃い濃いに仕様になるので、かぶってしまって走れなくなります。

まずまず賢いですね。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7138.jpg

症状が出たところで、一番疑わしい水温センサーにアクセスします。

座席後ろの隔壁を外せばエンジンルーム、

狭い室内での作業なので大変ではありますね。

 

 

 

 

CIMG7139.jpg

クランクプーリー横の冷却水配管に差し込んであります。

抵抗値が異常な数値出てました。

 

 

 

CIMG7155.jpg

直接冷却水に触れますのでOリングが付いてます。

センサー交換しましょう。

 

 

 

 

CIMG4710.jpg

ケイマンやボクスターはトランクルームにオイルの給油口と

冷却水点検&補充口があります。

 

 

 

CIMG7148.jpg

エンジンルームに冷却水タンク本体があるので

整備後はそちらでも水量チェックしておきます。

 

 

 

 

 

 

CIMG7553.jpg

日ごとに暖かくなったり、寒くなったり大変ですが、

フロッシュは頂いたお花で春らしくなってます。

ありがとうございます~。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

フロッシュ 3分間クッキング

 

           

CIMG5954.jpg

ノスタルジックなフロッシュ

930オーナでもあるU氏の依頼で、15年ぶりに目覚めようとしてるS30

各所整備が必要です。

 

 

 

 

CIMG6020.jpg

ブレーキ周りはオールリフレッシュしないといけません。

アルフィンドラムブレーキの中は錆で赤茶色です。

アルフィンとはフィン付きアルミ製軽量ドラムブレーキを指す言葉のようです。

 

 

 

 

CIMG6053.jpg

いろんな汚れでコテコテになっております。

 

 

 

 

CIMG6147.jpg

そこで、フロッシュ3分間クッキングが始まります。

カセットコンロと鍋を出してきて、

秘伝の出汁を使いましょう。

 

 

 

CIMG6151.jpg

秘伝の出汁が程よい温度になったら火を止めます。

 

 

 

CIMG6146.jpg

そこに錆びて汚れたパーツを放り込んじゃいます。

 

 

 

 

CIMG6164.jpg

あとは簡単

一晩放置しておくだけで・・・・・・・

 

 

 

CIMG6163.jpg

驚くほど美味しく出来上がり。

錆び止めコーティングまで同時に出来ちゃう優れ出汁。

 

 

 

CIMG6215.jpg

気持ち良く組みつけ出来そうな仕上がりですね。

 

 

 

CIMG6174.jpg

こんなギヤ部品も

 

 

CIMG6218.jpg

左右の識別文字(L&R) まで読めるようになりました。

ほんとの料理は苦手だけど、こんな鍋料理は楽しく出来るな~^^

 

 

 

CIMG7315.jpg

ポルシェミッドシップの歴史的ツーショット

31年の時間が流れてますがどちらも Fun to Driveです

 

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~お休みのお知らせ~

 

2月10日(水)は定休日
 
2月11日(木)(祝日)はお休みいたします
 
宜しくお願い致します

 

 

 

 

 

6連スロットル リフレッシュ

 

      

CIMG0371a.jpg

ナロー 2.2L メカポンエンジンの調整してます

でもなんかもひとつな感じ。

ビシッと決まらないというか、

落ち着かないと言うか、

定まらないと言うか・・・・

 

 

 

 

CIMG4478a.jpg

エンジン調整もいろいろ診ないといけませんが、

スロットルバルブの不調があるようです。

メカポン車のスロットルは 6連スロットル

しかもマグネシウム製

ポルシェの本気を感じられる部分です。

 

 

 

 

CIMG4486.jpg

マグネシウムで出来てるもんなので

バルブの当たる部分がいろんな原因で磨耗します。

開閉、振動、脈動などなど

筋がいって見えるのがその箇所です。

 

 

 

 

CIMG4485.jpg

透かしてみるとかなりの隙間が出来てます。

本来は向こうの光が見えてはいけません。

スロットル全閉してもエアが通ってしまい、正確な吸気量が出ませんね。

 

 

 

 

 

 

 

CIMG0309.jpg

なのでオーバーホール行いました。

 

 

 

CIMG0311.jpg

ボーリングされてツルツルのバレル

再メッキされてピカピカのパーツ

なんか気持ちよくてテンション上がりますね~

 

 

 

 

 

CIMG0352.jpg

装着して、各所調整。

驚くほどピタッと手ごたえ来るので嬉しくなります。

安定した本来の空冷フラット6エンジンに戻りましたよ。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

カレンダー
2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

リンク

   月別アーカイブ
アーカイブ