2015年4月アーカイブ

青空晴天続き

CIMG0368.jpg


良い天気が続きますね。気分がいいです♪

73年911Tが並びましたよ。

同じ Kジェトロ燃料噴射つき 2.4リッター 140馬力です。

ボッシュKジェトロは燃圧を変化させて噴射量を変えたり

燃料をシャーーーっと途切れなく 連続噴射したりしてて独特な装置です。

 

 

 

P4204254.jpg


綺麗なブルーでしょう?

73年ナローは 色コード 329 オックスフォードブルー(ダルメシアンブルー?

なぜか2種類の名前で呼ばれてる。)

79年SC 305 ロイヤルブルー

真ん中のは リールコードブルー

 

 

 

CIMG0371.jpg


奥の964RSは 38B マリタイムブルー

 

 

CIMG0372.jpg


端に写るバンザイリフトブルー

 

 

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

お休みのお知らせ

 

~ゴールデンウィーク中のお休み~
4月29日(水)
5月2日(土)~5月6日(水)迄
 
 
~営業日~
4月30日(木)
5月1日(金)
5月7日(木)9:00~営業しております
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メカポンノズル クリーニング

 

P1194999.jpg


ナローのエンジンのオーバーホールをやったりしてますと

あーだ、こーだと他にもいろんなことをしないといけません。

その中での作業のひとつ 

 

 

 

 

P4184160.jpg


メカポンといわれる機械式の燃料噴射装置を搭載のエンジン。

その噴射ノズルも事前にクリーニングしておきましょう。

 

 

 

 

IMG_1162.jpg


ノズルのテスト&クリーニング装置に接続

 15~18kp/cm2の圧力をかけてのテストなので

専用テスターが必要です。

 

 

 

 

IMG_1165.jpg

手押しポンプでぷしゅぷしゅして、圧力がかかり開弁圧を超えると

燃料噴射してきます。

始めはまばらで噴霧状態もイマイチです。

弁の汚れやカーボンを洗い流してあげましょう。
 

 

 

IMG_1171.jpg


だんだんと綺麗になって霧状になり、燃焼効率の良い噴射に変わっていきます。

調子の良いエンジンになってくれるように、願いを込めてポンピング(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 P4194147.jpg

 

6連のエアファンネルがヤル気を感じさせますね。

惜しみない技術を盛り込んだポルシェのエンジン大好きです。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

春のフロッシュ

P4123287.jpg
 

2015 春のフロッシュ ♪

久しぶりに雨のない日曜になったので、たくさんの来店がありました。

修理じゃなくても気軽にドライブがてら立ち寄ってくれるのは嬉しいことです^^

 

 

 

P4123284.jpg


一番走りやすい季節なので、どんどん乗ってあげてください。

真ん中の997カレラS 6MTは今日納車になったばかりで初ドライブ。

5月10日のFROSCHツーリングが楽しみですね!

 

 

 

 

P4123280.jpg


春になって開放的な気分^^

何か小金を使いたい~と、うずうずしてきた皆さん(笑)

ホイールに、マフラー、エアロパーツなどなど、気軽に相談ください。

by zako

 

 

 

 





 


 

 
 
 
 
 
 
 

 

オイルリターンチューブ

CIMG4224.jpg


オイルリターンチューブという名前

一度は聞いたことありますか?

オイルリターンチューブからのオイル漏れは、ままある症状です。

どんな感じの症状で、どんな修理が必要か説明しましょう。

 

 

 

 

P3050304.jpg


クランクケース周りのオイルにじみは原因箇所を特定しないと

なかなか直しにくい修理です。

流れ集まってきたオイルはクランクケースの中央下付近に滴下するようになり

修理すべき場所を見間違いやすいです。

 

しばらく走ると、透明のオイルが薄く表面に伝うので目視で確認しにくいです。

そんな時には白くコーティングする粉状の現象剤を塗布してやると

わかりやすくなりますね。

 

 

 

 

P3050306.jpg


円盤状のオイルドレンリッドの回りが濡れるので、

その辺りのパッキンを交換したくなりますが、

実はその上のオイルリターンチューブのOリングから漏れてくるのが目視でき、

そっちを直さないと完治しないとこがわかりました。

 

 

 

 

CIMG4234.jpg


交換の仕方は、古いリターンチューブをへし折って抜き取ります。

なぜそうしないといけないのかは、後で説明しますね。

ゴールドに輝く新品リターンチューブを用意しました。

 

 

 

CIMG4227.jpg


この補修用チューブの特徴は、2分割式の伸縮タイプで長さが変わるところでしょう。

 

 

CIMGde237.jpg


新品装着後のリターンチューブ

このパーツの役割は、カムシャフトまわりを潤滑したエンジンオイルを

このパイプを通してクランクケースに戻すことなんです。

 

 

 

 

 

CIMG4977.jpg

※チューブ交換はエンジン搭載状態で可能です。上記は参考画像


なぜ古いチューブをへし折ってしまうのか?

それは、カムシャフトハウジングとクランクケースの間にチューブを挟み込む

構造になってるので、そのまま標準チューズを交換するには

エンジンをかなり分解しないといけなくなるからです。

でも伸縮式を使うと分解する必要はあ~りません^^

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

 

ドロにまみれて 

P3280055.jpg


ドアアウターハンドルのトリガーに違和感があります。

重かったり、ひっかかったり、戻らなくなったり。

分解点検する必要がありますね。

 

 

 

 

P2232563.jpg


アウターハンドルを外すには、ドアの内側からアクセスします。

ちなみにドアの内側に貼ってあるビニール

これがパネルの淵に密着してないと 

ドアパネル内に入った水が室内側に漏れてきて、

床のカーペットをべちゃべちゃに濡らすことになりますよ。

 

 


 

P2232565.jpg


8mmのナットで固定されてます。

 

 

 

P2232590.jpg


ハンドルASSYで外しました、。

キーシリンダーと一体パーツですね。

 

 

 

 

P2232595.jpg


分解して見ると、どろどろになってます。

これではスムーズに動きませんよ。

 

 

 

P2232596.jpg


古いグリスやら埃やドロが溜まって固着した感じです。

 

 

 

 

P2232573.jpg


バネもシャフトもこの通りなのでまともに動かないです。

 

 

 

 

 


綺麗にクリーニングしてあげます。

これでスムーズな動きをしてくれるでしょう。

 

 

 

P3171191.jpg


春のおとずれ?、朝もやがすごかったです。

通勤はかなり視界が悪くて驚きでした。

桜も咲き始めて、やっと寒い季節も終わりかと思うと嬉しいですね。

 

 

 
 
 
 
 
 

 

本日 1日 限定価格にて

PA1j72988.jpg

 

 

本日 2015年 4月1日  1日限りの限定販売

特別価格に提供します!

今日電話 にて「買います」宣言していただいた1番の方に。

84年 911カレラ3.2 D車 フルオリジナル 博物館級

200万円 すっきり ポッキリ


 

 

ちなみにフロッシュ定休日は・・・・

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー
2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

リンク