TPM ポルシェ空気圧モニター

P2157063.jpg

旧車の話が続いたので、新しいめのシステムも。

997以降で、メーターにタイヤの空気圧を表示るすようになりました。

各車輪個別の空気を見れます。

いち早くパンクに気が付いて、安全確保できるようにです。

どうやらアメリカの法律に合わせて装備されたようです。

その名も TPM(S)タイヤプレッシャーモニタリングシステム 

新しい目と言いましたが、実は89年以降の928やそれ以前の959には

装備されてたりして、案外古くからあるシステムなんですよね。
 

 

P2157034.jpg

ホイールの中についてるこれがセンサーです。

電波を発信してて、クルマ側のセンサーで受信します。

 

 

 

PC082868.jpg

では、何の整備が必要かと言いますと、

センサーの電池が切れて、無効になり、モニターできなくなるんです。

電池で動くものの宿命ですね。

メーター内の空気圧が表示されず、エラーとなっちゃいます。

診断機で見ると、無効、電池残量0ヶ月、空気圧デタラメ 温度記録無し。

 

 

PC243670.jpg

ちなみに正常だと、圧、温度、電池残量がちゃんと表示されます。

新品ではないので、あと2年ぐらい大丈夫って感じでしょうか。

ザコとしたことが・・・・

センサー新品交換後の電池残量表示を見忘れました;

84ヶ月ぐらいになるのだろうか?

 

 

 

 

 

P2106442.jpg

交換のための新品パーツです。

現在 1個約 23000円ぐらいします。

 

P2106454.jpg

センサー交換と同時にバルブセットも必要です。

1セット 4000円

なので、センサーとバルブ 1台分で約11万円~

タイヤ交換時に同時に換えると、工賃お徳かな^^

 

 

P2106448.jpg

433Mhz オレンジ新品パーツ

発生電波の周波数を表してます。

USA仕様の車に装着します。

 

P1124311.jpg

新車装着時の白いセンサーにJAPANの文字。

パーツが日本仕様と言う事です。

 

 

P1124310.jpg

日本仕様の周波数は、315Mhz   2007年製造

日本仕様と、EU、USAとは違う周波数を使ってるんですね。

違うのを付けてしまうと正常に空気圧をモニターしてくれませんよ。

 

 

P1124299.jpg

茶色い新品パーツ 

 

 

P1124305.jpg

捨てるのがもったいないような・・・・・

電池切れしたセンサーたち。

無理やり分解して、中の電池だけを交換するツワモノもおられるとか。

自己責任で分解したい人、提供しましょうか?
 

 

 

P2157039.jpg

グレー色した、新車装着電池切れセンサー。

いろんな色がありますね。

車種、年式によってけっこう品番に種類があります。

間違って注文しないように注意が必要です。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   月別アーカイブ
アーカイブ