2014年3月アーカイブ

改良部品、対策部品、後期型部品

PA22a5437.jpg

何万点と使われてる部品も、そのつど改良、改善、対策、変更されていくものです。

そんな場面があったので報告を。

996のMTで、クラッチを踏むと、ペダル ~ クラッチまでの動作部分で、

ギリギリ、カリカリといった異音&ペダルへの体感がありました。

クラッチのディスクやカバーは最近交換されてるようなので、

その他の部分と考えられます。

 

 

PA205347.jpg

一番疑わしいのが、このレリーズシリンダー 

ペダルからの油圧を受けて、この油圧シリンダーが働き、

クラッチを切るように動きます。

このシリンダーは、かなり品番変更されていて、わかるだけでも7回変わってます。

日々改良、対策が行われてるようです。

現在は996,997の共通部品で、996品番から、997品番になってますね。

 

 

PA205352.jpg

変更点でわかりやすいのは、プッシュロッドの先端です。

金属から樹脂製になり、径も太くなってます。

初期型金属製は、先端が偏磨耗してました。
 

 

 

PA225542.jpg

さっきのプッシュロッドの先端が押す場所は

このレリーズレバー力点になる穴ぼこです。

金属同士なので、磨耗しますし錆びてしまい、異音を発生させますね。 

 

 

 

PA225436.jpg

すいません、レリーズレバーと言っても??ですよね。

クラッチの中にあり、作用点でクラッチベアリングを動かします。

(ベアリングは画像中央の銀色に丸く見えるパーツです)

996からは、プッシュタイプのベアリングに変わりました。

ベアリングを油圧で押して、クラッチカバーに押し当てます。

993まではプルタイプ、引っ張りタイプでした。


 

 

PA265653.jpg

スリッパみたいに並べてるのがレリーズレバーです。

その下に並ぶのが付属品で、改善前、改善後が並んでます。

 

 

PA225538.jpg

改善前のレバーの支点になる箇所です。

かなり磨り減り磨耗して、ピカピカに光ってます。

受け側は黒い樹脂製ですが、金属のレバーの接触面を磨耗させてしまいます。

光ってる部分の間の、丸いくぼみに注目!

 

 

PA225545.jpg

さっきのレバーの丸いくぼみの部分が、合わさる付近のポッチリ画像です。

ミッションケースにねじ込まれてます。

レバーの穴ぼこに一致するような格好&サイズをしてますが、

実際は合わさらず、役に立ってないパーツです。

なぜ、ここに付いてるかは??です。

 

 

 

PA265656.jpg

さっきのポッチの新旧対決

短い旧型に比べて、新型は長くなってます。

なぜかと言いますと、

 

PA265655.jpg

レバー側の新旧対決でわかります。

左の新型レバーには、穴ぼこだけになってるのわかりますか?

旧型の磨耗する2点支持の受けをやめて、

新型は、穴ぼこでさっきの長くなったポッチで受けて、支点にするように

改善されてるのでした。

 

 

 

PA265666.jpg

こうして、改良してあるパーツを組み込むことで、

ひとまず、異音や違和感は改善されるのでした。

めでたしめでたし。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

911生誕50周年記念BOOK 

P2207450.jpg

ポルシェ社より 「911生誕50周年記念Book」が発売されました。

911× 911 なんてネーミングがされてます。 架けたら829921になりましたが・・・・

 

 

P2207455.jpg

中は見たことある写真や、見たこと無い写真で色とりどりに飾られてます。

911の各年式、全てが網羅されてますね。

すごくお洒落な写真と簡単な説明があります。

記念ですから、是非1冊は手元に置いておくべきだと思いますよ。

FROSCH店頭でも販売していますので。

 

P2207456.jpg

なんとこの本、1000ページもありまして、ずっしりきます。

百科事典か漬物石かと思うほどです。

見ごたえ十分!

 

P2207457.jpg

表紙裏はお洒落な千鳥格子柄

日本調な呼び名で千鳥格子と言ってますが、

でもこれは、イギリスの昔からある伝統的なチェックの一種だそうですね。

犬の牙 ハウンドトゥースチェックと言うそうです。

 

 

l-13-1378835777.jpg

ポルシェは歴代、お洒落なチェック柄を内装生地に使ってました。

今でこそ、本皮張りの単色シートがほとんどですが、

時々、柄を使ったシートを見ます。

911の50周年記念限定車の 「50thアニバーサリーエディション」のシート柄は

まさに、千鳥格子を使ってるんですねー。

 

 

P3202092.jpg

生誕40周年を迎える 930の記念集会 930Reunion 

4月27日にフロッシュ横のフロッシュ広場であります。

お店は通常通りオープンしてますので、時間がある方は、

930に限らず、お祝いに来てください。

 

http://minkara.carview.co.jp/smart/userid/484880/blog/32340329/

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

P3151874.jpg

第二回 松本先生杯 フロッシュカート大会 

大盛況のうちに終了しました!

おっちゃん17人、おねえさん3人の 20人で走りまくりました。

 

 

P3151828.jpg

2回目の参加の人も多く、タイムも前回より早くなって、それなりになって来ましたよ。

コソ練した人も、前回チャンピオンも、こんなはずじゃ無かった人も、

25年ぶりの人も、ヘルメット買った人も、手ぶらで参加の人も、

なんとなくだけど、ハンドリングやアクセルワークで

クルマを操る楽しさがわかってきて、みんな楽しめたようです。

 

P3151855.jpg

4人チームの 5班に分かれての耐久レース

今回もいろんなドラマがありました。
 

練習走行2周目で、すでに吐きそうになった人いましたね~。
 

デッドヒートの末、激しくクラッシュして2台が乗り上げて重なり合ってしまう

赤旗寸前のアクシデント!

しかも女性ドライバー同士2人の・・・・・・

女の方が、熱くなったら怖い;;;


興奮しすぎてピットサインを見てなくて、規定は一人10周交代なのに、

3周もオーバーして、カウントされない無駄な周回を重ねてロスしたり。


最速マリオチームは、エンジンマウント緩んで、ピットイン修理。

5分のロスが、10周差になってしまい、優勝争いからの離脱。

ファステストラップをたたき出したマリオおじさんも

さすがにその差を挽回させるのは無理。

 

 

P3151887.jpg

で、結局、地味~にコツコツと周回を重ねて、

ひたすらグルグル、76周回ったBチームの優勝!!

おめでとう! 冷静な走りが結果につながりました。

優勝カップと賞品の高級焼き豚をゲット。
 

第三回あるかないか、マリオおじさんの機嫌次第です(笑)

 

P3161900.jpg

やっとフロッシュ周辺も春っぽくなりつつあります。

おでかけしたくなる季節ですね。

お気軽に、ドライブがてら遊びに来てください。
 

数ヶ月ぶりに車庫から出してきた74、

クラッチ張り付いてるし、内装はカビが育ってるし・・・・、除菌中です;

 

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

TPM ポルシェ空気圧モニター

P2157063.jpg

旧車の話が続いたので、新しいめのシステムも。

997以降で、メーターにタイヤの空気圧を表示るすようになりました。

各車輪個別の空気を見れます。

いち早くパンクに気が付いて、安全確保できるようにです。

どうやらアメリカの法律に合わせて装備されたようです。

その名も TPM(S)タイヤプレッシャーモニタリングシステム 

新しい目と言いましたが、実は89年以降の928やそれ以前の959には

装備されてたりして、案外古くからあるシステムなんですよね。
 

 

P2157034.jpg

ホイールの中についてるこれがセンサーです。

電波を発信してて、クルマ側のセンサーで受信します。

 

 

 

PC082868.jpg

では、何の整備が必要かと言いますと、

センサーの電池が切れて、無効になり、モニターできなくなるんです。

電池で動くものの宿命ですね。

メーター内の空気圧が表示されず、エラーとなっちゃいます。

診断機で見ると、無効、電池残量0ヶ月、空気圧デタラメ 温度記録無し。

 

 

PC243670.jpg

ちなみに正常だと、圧、温度、電池残量がちゃんと表示されます。

新品ではないので、あと2年ぐらい大丈夫って感じでしょうか。

ザコとしたことが・・・・

センサー新品交換後の電池残量表示を見忘れました;

84ヶ月ぐらいになるのだろうか?

 

 

 

 

 

P2106442.jpg

交換のための新品パーツです。

現在 1個約 23000円ぐらいします。

 

P2106454.jpg

センサー交換と同時にバルブセットも必要です。

1セット 4000円

なので、センサーとバルブ 1台分で約11万円~

タイヤ交換時に同時に換えると、工賃お徳かな^^

 

 

P2106448.jpg

433Mhz オレンジ新品パーツ

発生電波の周波数を表してます。

USA仕様の車に装着します。

 

P1124311.jpg

新車装着時の白いセンサーにJAPANの文字。

パーツが日本仕様と言う事です。

 

 

P1124310.jpg

日本仕様の周波数は、315Mhz   2007年製造

日本仕様と、EU、USAとは違う周波数を使ってるんですね。

違うのを付けてしまうと正常に空気圧をモニターしてくれませんよ。

 

 

P1124299.jpg

茶色い新品パーツ 

 

 

P1124305.jpg

捨てるのがもったいないような・・・・・

電池切れしたセンサーたち。

無理やり分解して、中の電池だけを交換するツワモノもおられるとか。

自己責任で分解したい人、提供しましょうか?
 

 

 

P2157039.jpg

グレー色した、新車装着電池切れセンサー。

いろんな色がありますね。

車種、年式によってけっこう品番に種類があります。

間違って注文しないように注意が必要です。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カレンダー
2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク