2012年3月アーカイブ

久々にびびったで

| コメント(2)

 

    

P3220934.jpg

FROSCH/フロッシュオープニングイベントで振舞われた「メンチカツ」

大変ご好評につき、是非皆さんにも食べていただきたく思います。

熱々でジューシーなメンチカツをその場で揚げてもらって、食べてみて下さい。

激うまですよ。

大福精肉店

http://www.daifuku-yakibuta.jp/index.html

 

P3011365.jpg

blog 「そんなに美味しいんですか?」で紹介した、吟醸酒 緑山

酒豪のようこ姉さんが飲んでみたいからと注文してみました。

香りをわざと抑えて、通好みの日本酒だったみたいです。

http://www.frosch911.jp/blog/2012/02/post-304.html

 

 

P3251142.jpg

このタイヤ、

久しぶりに、びびりました!

これで走ってきたとは驚きです。

いくら注意して乗ってきたとは言え、これほどまでとは!

スリックタイヤを通り越して、布糸でできてるタイヤみたい。

一部薄い部分を指で押してみると、風船のようにやわやわ感があって、

逆に、これでも走れるんだと思っちゃいました。

 

P3251143.jpg

金属のワイヤーも見えてきてますし、強い糸が縦横に走ってます。

タイヤってこんな中身なんだなーと、内部の勉強になったぐらい・・・・・・

感心してる場合じゃないですよねー。


 

P3251158.jpg

皆さん、こうなる前にタイヤは交換しましょう。

いやはや、ほんと驚きました。

ミッドシップ車だからまだここまでもったのかな?

もしリヤ荷重の重い RRだったら・・・・・・・・・


by zako

 

 

 

 

 

 

 


 

 
 
 
 
 

ちょっと四国まで

| コメント(2)

 

161929.jpg

ご成約いただいたポルシェの登録で、ちょっと四国まで行ってきました。

明石大橋を渡って、淡路島を縦断し、鳴門大橋を渡ります。

 

_161920.jpg

すごい強風で橋の上は怖いぐらいでしたが、天気も良くて、景色も良くて

めちゃ気持ちよかったです!

ルームミラーにちらっと顔が覗いてますねぇ。

大人しく乗ってなさいよ。

 

120328_145542.jpg

ところが調子よく走ってたのに、メーター内の警告灯がピカピカしだしました。

新車のトラックなんですが、最近のトラックは、排気ガス浄化装置の触媒の内部に

煤が溜まってきたら、いったん停車して内部浄化のために焼き切ることをしないといけません。

それ以外に、科学反応も使って走行中の排気ガス浄化を行ってるのですが、

そのために必要なのが尿素水なんです。

警告灯は、尿素水を補給しなさいというものでした。

 

120328_145940.jpg

AdBlue(アドブルー)と言う商品名の尿素水

サラサラした水のような無臭の液体でした。

2000kmで初めの補給。

10Lを入れます。

 

120328_145602.jpg

ホースを繋いで、入れにくい位置のタンクに補給するんだけど、

尿素なんだと考えると、なんかこぼれて手にかかるとばっちい感じがして・・・・・

慎重にするんだけど、「あーー手に付いたやん!」とか言いながら

おしっこした後と同じような気分になりました。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

ぽかぽか陽気の加古川

 

         

P3241034.jpg

朝からすごい強風が吹き荒れてましたが、

春一番だったのかな?

陽気に誘われて、FROSCH/フロッシュの周りにも

緑が広がってきましたよ。

 

P3241036.jpg

だいたい、田んぼの畦道に一番に咲くのが、この青くて綺麗な「オオイヌノフグリ」でしょう。

なんでこんな花の名前を知ってるのか?

花の名前の意味が面白いからです。

「イヌノフグリ」で調べてみてください。

 

P3241037.jpg

タンポポも咲きそうです。

加古川の土手ならもう つくし が生えてるかな?

 

P3241054.jpg

ハチはぽかぽか暖かいから、広場でバタリとお昼寝

 

P3051701.jpg

久々に、めちゃくちゃ固く締まったホイールナットを外しました。

誰が締めたん?、壊れるでーってぐらい固かったです。

 

P3051702.jpg

緩める時に、パッキーーーン!て音がするぐらい締まってます。

 

P3051705.jpg

空冷時代のホイールナットはアルミ製

驚くほど軽いんです。

ホイールとの接触面は半球形タイプで、

ホイールにぴたりと合わさって締ってます。

アルミホイールとアルミナットを、異常に強く締め付けるとどうなると思います?

 

P3051707.jpg

アルミ同士が溶着して、くっついちゃうんですよ。

緩まなくてナットの頭部分がもげて、先だけがホイールに残り

どうしようもなくなっちゃいます。

なので、このように接触面に専用アルミペースト剤を塗って溶着を防ぐんです。

 

P3051708.jpg

わかりやすいように厚く塗ってみましたが、

焼きつき防止の対策になります。

 

P3051710.jpg

締め付けは、トルクレンチを使って 規定トルクを守りましょう。

緩いぐらいに感じますが、大丈夫です。

締め付けトルク  130 Nm

 

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 FROSCH/フロッシュ テレビCMが完成しました

宮崎あおいちゃん主演です。

 

 

 

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

春の訪れと うなり音 

 

          

P3200768.jpg

春の予感をさせる今日春分の日

気持ち良い陽気です。

 

P2200961.JPG

冬の北風のビュービュー音は去り、

春の訪れ、930のベアリングうなり音が訪れました。

 

 

P2231072.jpg

ロードノイズとは明らかに違う、ベアリングのうなり音

簡単な判断材料として、軽いスラローム走行すると、

ベアリングにかかる負荷が変わるので異音も変化します。

 

P2231073.jpg

930のフロントベアリングは、テーパーベアリング2つの組み合わせで、

964,993とは違った構造です。

 

P2231074.jpg

ハブとローターが一体で外れます。

ブレーキローター交換でも、同じようにばらしますね。

 

P2231076.jpg

古くなったテーパーベアリング2個

内側のベアリングの方が大きいです。

手前のリングはアウターレース、ベアリングのローラーが滑る面です。

特殊な合金でできてます。

 

P2231079.jpg

そのアウターレースの一部に表面劣化がありました。

これではスムーズに滑らず、ゴロゴロ感が出て、異音になります。

強く当たったり、異物が入ったり、焼けたり、何らかの原因で、広がってきます。

 

P2231075.jpg

新品ベアリングに交換です。

新品ベアリングにはグリスは詰めてありません。

しっかり中にグリスを詰めて組み込みますよ。

最近のベアリングはシールドタイプなので、こんなグリスべたべた作業なんて

ほとんどすること減りましたね。


 

P2231071.jpg

 ベアリングの締め付けは独特で、緩いとガタが出るし、強すぎると焼きつきます。

適度な締め付けが要求されますよ。


 

P3061729.jpgP2281321.jpg
 
P3090117.jpg

 
夜遅くに仕事してて、美味しいものの画像を見ると

猛烈にお腹空いてきますよ。

このドーナツも美味しかったなーーって、思い出しながら

頑張ってる今夜のFROSCH/フロッシュでした。

by zako

 

 

 

 

 

 

 
 
 

旧車の楽しみ

 

           

P3090109.jpg

ザコらの言う旧車は、20年前の964とかではまだなく、

キャブやメカポンなどの仲間を言います。

電子制御のエンジン調整などはほとんど何もすることはありません。

エンジンが調子よく回ってると、故障は起きてないのが普通です。

ところが、キャブ車、メカポン付き車となると話は違います。

ちょっとエンジン調整と言っても、いろんなこと、あらゆることの点検調整が必要に

なるんですよね。

調子よくなってもらうには、各所バランスよく調整されてることで、

全体の調子のよさにつながるんです。

これがとにかく手間がかかる。 手間をかけないと良くなってくれない。

それが楽しくもあり、やりがいでもあるんですよねー。

じっくり時間をかけて楽しみながらやりたい仕事なんです。


 

P3090108.jpg

プラグのやけ具合ひとつにしても、様々。

電子制御だと、普通は全気筒同じように焼けてますが、

旧車はそうはいきません。

品番、熱価、走りかた、調整具合、エンジンの状態etc,etc・・・・ 

1気筒ずつ、1本、1本、全部違うといっていいぐらいなんですよ。

 

CIMG7883.jpg

ツインキャブなんて、アクセルの作動が左右に均等に伝わらないといけません。

ワイヤーからロッドにつながって、ロッドが次のロッドに・・・・

伝言ゲームと同じです。

途中での誤差が、最後には大きくなって狂いまくりとか普通です。

 

CIMG7884.jpg

ロッドの長さ、遊び、ボールジョイントの磨耗、

 

CIMG8232.jpg

細い通路の集合体のキャブレター

ジェットやエアブリード、ガスケット、空気や燃料の通る具合で、

すべてが大きく変わります。

何種類もあるジェットのサイズの組み合わせが重要で、

いかにベストに合わせるかは、感じる人の感性に頼るしかないのが

キャブの難しいところ。

 

CIMG8224.jpg

フロートと言う浮きの高さ調整、浮き具合で燃料溜まり室の

油面の高さが変化します。

油面の高さが変わると、吸い出される燃料の量も変化します。

いろんな要因で変わりまくる燃調。

頭こんがらがりますねぇ。

 

P3090120.jpg

これもフロートレベルのチェック。

専用ツールをキャブの外に装着して、フロート室内部の油面の高さを

目視でチェック。

 

CIMG8257.jpg

わーーーーとなって、あーーーなんだかなーーー なかなか調子出ないし、

こうなったらバラしちゃおう!的な風景。

シコシコ掃除して、組み立てて、調整して、走って、調整して、走っての

繰り返しが、その作業時間のほとんどです。

 

P3090114.jpg

排気ガスの濃度でエンジンの状態を見たりもします。

臭い臭い排気ガス

一酸化炭素 COを吸いまくりながら、軽い頭痛を感じながら調整したり

軽いハッピー気分になりそうな炭化水素HCを 浴びながら・・・・

燃調が濃いなー薄いなー、失火してるかなー、燃やしすぎかなー

車検通りそうもないなーこんなガス濃度だと・・・・・・

でも調子いいのはこれぐらいかなー、

なんてことをやってます。

ちなみに旧車系  CO 4.5%  HC 1200ppmが車検合格の上限です。


 

CIMG8683.jpg

ジェットやエアブリード、エマルジョンチューブなどなど 

いろんなサイズ、タイプが用意されてるので、状態に合わせて換えちゃいます。

気圧の変化で変えることが必要だったりしますよ。山の上と市街地では

ずいぶん違ったりするんですよね。

 

 

CIMG8667.jpg

CIMG8668.jpg

奥が深すぎて、はまったりたら抜け出せない世界でもあるようですね、

キャブのジェッティング?セッティング?

あまり神経質にならないのが楽しく調子よく乗る方法かも。


あああああ、こんなことをしてるうちにあっという間に時間も日にちも過ぎてしまう。

いくら時間があっても足りない感じします。

運転するだけではなく、これも車を楽しむひとつのありかたなんでしょう。

仕事とは言え、大変でもあり、楽しくもあり、今日もがんばってます。

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

 
 
 
 
 
 
 
 

重なるときは重なるねぇ

 

          

P2211044.jpg

先日、報告した足回りのリフレッシュ作業

足元が気持ちよくなって爽快です。

「リフレッシュ計画 その2」 ↓

http://www.frosch911.jp/blog/2012/02/post-305.html

 

 

P2261185.jpg

続きまして、930のショック交換行いました。

 

P2261188.jpg

930のカレラ3.2は基本BOGE(ボーゲ製) 

乗り心地重視で、ソフトでしなやかな印象。

逆に言うと柔らかすぎる感じもします。

 

P2261195.jpg

BOGE製フロントストラットは、中身のシャフトごと引っこ抜いてしまいます。

オイルと一緒にシャフト&パーツがそのまま抜けてきますね。

なので車体側にはショックのケースだけが残る構造です。

 

P2261197.jpg

新品パーツは、ビルシュタインのアフターパーツセット。

純正グリーンのフロッシュカラー

バンプラバーやアッパーブッシュも付いてきてます。

 

P2261203.jpg

先ほど抜き取ったストラットのケースに、丸ごとカートリッジタイプ

ビルシュタインを差し込みます。 

倒立タイプのこのショックは、見えてるシャフトが太いですね。

このあと、キャップリングを締め付けてケースからショックが抜けないようにします。

 

P2261206.jpg

リヤは形状は似てますね。

バンプラバー等、新品が付いてます。

 

P2261209.jpg

新ピンショックの気持ちよさを体感して下さい。

ガスが入ってるタイプなので、BOGEとは全く違う味わいです。

車体周辺の茶色のものは、メーカーが塗布してくる防錆塗料です。

下面の全面に塗ってありますねぇ。

 

P3110350.jpg

993,930に続いて、964RSのショック交換も進行中

 

P3110351.jpg

ビルシュタインのPSSキット 10段階調整

はたして、どの辺りに合わせていくのでしょう。

足回りリフレッシュ計画がまだまだ続く今日のフロッシュでした。

 

P3041677.jpg

FROSCHのお客さんは、住んでる地域は様々で、

遠方から来られる方もたくさんです。

クルマを預けて新幹線で帰宅し、引き取り時はまた新幹線でご来店。

そこまでして来て頂けることに、感謝感謝です。

 

P3110352.jpg

そんな新幹線搭乗記念のお土産に 新幹線ロングバウムクーヘン。

ほんと ありがとうございます。

 

by zako

 

FROSCH /フロッシュ

〒675-0334
兵庫県加古川市志方町成井135

 
TEL 079-452-0993  /  FAX  079-439-8265

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジジジジジの音源

 

     

P3031606.jpg

964,993でエンジン止めたあとも室内でジジジジジジ・・・・・

何かが作動してる音がしてることがあります。

よーーーく耳を澄まさないとわからないぐらいなら問題なし。

ちょっと大きすぎない?この音。 となったら点検修理しましょうか。

 

P3031607.jpg

エアコンコントロールユニットを外します。

このU字型レバータイプの専用工具を使って 引っこ抜くわけです。

左右の穴にズぼっと挿して、レバーごと手前にスライドさせてきます。

 

P3031563.jpg

抜いたユニットの裏側がこれ。

何か黒いものが付いてますが、ジジジジの音源はこれです。

室内温度センサーにフレッシュなエアーを送るための小さなファンモーター。

基本的にエンジンをかけてから、ずっと回ってます。

エンジン停止後もしばらく回るのが特徴で、約20分程度回ってるかな。

止まらないでずーーーと回ってるようだと、漏電&バッテリー上がりの原因ですよ。

時々トラぶってそうなったりします。


 

P3031559.jpg

外すのは比較的簡単です。 ネジをちょちょいと緩めればこの通り。

 

P3031561.jpg

空気を吸うためのファンなので、埃を積もらせてますねぇ。

掃除をしてあげて、軸の部分にオイルをちょと挿してあげればバッチリです!


 

 

 

P3021536.jpg

ネコヤナギが満開・・・?て言うのかな?

ほわほわ状態を通り越してつんつんに。

 

P3021537.jpg

NEWヘアースタイルになったまっちゃんのカリアゲと同じだ。

 

by zako

 

 

FROSCH /フロッシュ

〒675-0334
兵庫県加古川市志方町成井135

 
TEL 079-452-0993  /  FAX  079-439-8265

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

FROSCH 初広告

 

 

P3061730.jpg

911DAYS  47号

3月7日発売 

FROSCH/フロッシュ 初広告載せました

記念にもなりますから、是非購入してくださいよ!


 

P3061732.jpg

奮発してカラー1ページ

たくさん集まっていただいたオープニング時の画像と

販売車も載ってます。

FROSCH/フロッシュグリーンと青空が相まって、

とても綺麗に仕上がってると思います。


 

P3061733.jpg

画像が綺麗ので、けっこう一人ひとりの顔判別もできそう。

ザコとまっちゃんの肩の間の一番目立つおじさんは誰でしょう?

わかりません・・・・・・どなたでしょう? (笑)

誰ですか、せっかくのシャッターチャンスに後ろ向いて工場内を見てる人は!

 

by zako

 

 

FROSCH /フロッシュ

〒675-0334
兵庫県加古川市志方町成井135

 
TEL 079-452-0993  /  FAX  079-439-8265
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

冒険者 決定!

| コメント(2)

 

 
20120229_01.jpg


FROSCH/フロッシュのお客さんでもある Tさんが  

冒険者に決定しました。 

後ろにちらっと997も写ってますでしょ?

何の冒険者かって? それはこちら↓

http://www.bikebros.co.jp/news/index.php?e=1037
 

「トライアンフの最新モデル/タイガーエクスプローラーに乗り、
モロッコを中心とした12日間の冒険ツアーに出掛ける
『真の冒険者は誰だ?キャンペーン』
昨年末から年始にかけ世界中から冒険者を募っていたが、
その日本代表が決定した!」

triumph640x120.jpg

 



なにやら、世界で数名、中でも日本人代表1名と言う幸運に選ばれて、

外国はモロッコの山あり谷あり川あり、砂漠ありのコース

12日間も走り回る冒険らしいです。

壮大すぎて想像もつきません。

冒険初心者Tさん ほんとに日本に帰って来れるのでしょうか?

なんてったってこの方、上記の文章内にもありますが

バイク免許を取ったのが、今年の1月! 2012年1月~~

つい先日ですよ!

「トライアンフのバイク買っちゃいましたぁ。、スーツもグローブも」

「ヘルメットも2個!」

 

「あとは免許取るだけなんですよねー」

なんてことを普通に笑いながら言うので、豪快すぎる人だなー って思ってましたが、


次に来店されたときには

「冒険者に当選しちゃいました;;;」 

「なので行ってきます」

「早く、坂道発進やUターンできるようになっておかないと・・・・」

「オフロード走行初体験は、モロッコで、かな?(笑)」

「出発3月上旬だし」 (爆)

(爆)すぎます。 

砂漠の漠じゃなくて、

砂爆ですわ!!

お願いだから、生きて帰ってきてくださいね!!!

綺麗な奥様が悲しみますよーー(*゚▽゚)ノ

 

 

 

http://www.bikebros.co.jp/news/index.php?e=966

by zako

 
 

FROSCH /フロッシュ

〒675-0334
兵庫県加古川市志方町成井135

 
TEL 079-452-0993  /  FAX  079-439-8265
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

重整備

 

     

P2271247.jpg

ちょっと寒いので、力仕事して体を温めようかと・・・・・

重たいもの扱う作業したら自然に温もるので、

964のエンジン・ミッションを下ろしました。

 

P2271271.jpg

これでエンジン・ミッションと排気系まで含んだ全体像で、

これ以外にはオイルタンクとオイルクーラーまでの配管2本ですから

なんてコンパクトなエンジンなんでしょうね。

 

P2271276.jpg

ミッションとエンジンのジョイントはたったのボルト4本です。

それは356時代から引き継がれる伝統でもあります。


P2271297.jpg

エンジンミッション脱着、クラッチ分解オーバーホールって感じです。

 

 

P2271218.jpg

お客さんの会社の設備で作ってくださった、文鎮 ペーパーウェイト

SUS304とアルミで、焼き嵌めしてあるとか。

「100万円ぐらいだったら乗せておけば、ビクともしないぜ! 

2000万円は無理かも・・・・・」 的なコメント。

なるほど~~

テストせなあかんから

さっきのクラッチオーバーホール代金100万円にしといて、

文鎮乗っけてみようかぁ。



964のお客さん驚いて ひっくりFROSCH 

 

P2281319.jpg

FROSCH/フロッシュと言えば、旅行のお土産もカエル

 

110919_213754.jpg 

くまもんの地に行ってきたけど、カエルが目に付いたから。 ですって(笑)


by zako

 

FROSCH /フロッシュ

〒675-0334
兵庫県加古川市志方町成井135

 
TEL 079-452-0993  /  FAX  079-439-8265