フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

燃料ポンプ固着不動交換だけでは済まないよ (porsche993)

患者のカルテ
年式1990
モデル 964
症状 エンジン始動不良
修理内容

燃料ポンプ交換ほか、掃除が大事

 

2018年 3月 20日
 

 

 

         

CIMG8085.jpg

最近 ぐっと増えた復活の仕事

何年も乗ってなかった車を復活させたいと言う依頼が増えてます。

5年、7年 10年放置ってことも。

 

 

 

 

 

CIMG7984.jpg

いきなりバッテリー繋いでエンジンかけようとするのは絶対にやめてください

オイルは下がりきってるし、燃料系はまずダメです。

順番にチェックしてから悪い箇所を直していきましょう。


燃料タンクの中を見るのが一番怖いですね。

フューエルゲージユニットを抜いて中の確認です。

 

 

 

 

CIMG7986a.jpg

あー、中に粘着物質が溜まってます。

揮発分が無くなって、濃いのだけ残った感じ。

 まるで鍾乳洞の様相に・・・・・・・・・

 

 

 

 

CIMG8104.jpg

タンクの底はもちろん、ゲージユニットの中もえらいことになってました。

 

 

 

 

CIMG9878.jpg

燃料ポンプは当然交換です。

 

 

 

CIMG8053.jpg

燃料のリターン経路の配管も詰まってます。

掃除しないままではまともに走れません。

 

 

 

 

 

CIMG8073.jpg

燃料キャップもえらいことに。

なにか繁殖してるようだ・・・・・

しかし、すごい絵図らばかりです。

御飯中の方、ごめんなさい。

 

 

 

CIMG0799a.jpg

燃料噴射インジェクターも詰まって固着してることがあります。

クリーニングしてあげましょう。

ちなみに新品は一本4万するようになりました。

 

 

 

 

 

 

CIMG9721a.jpg

油脂類全部交換必須。

タペット調整は最低限行いたい。

ブレーキ関係リフレッシュが必要な場合もあるし、

その他装置がちゃんと働くか点検もお忘れなく。

 

 

 

 

 

 

CIMG9686a.jpg

もちろんタイヤは交換です。

久々の復活ドライブには必須でしょう。

長年の眠りから復活して走りだすクルマたち

ポルシェって幸せものですね~

by zako

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 

 

 

   
 
おだいじに!