フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

964 ホットワイヤー式エアフロ  (porsche964)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

いつも参考にさせて頂いて大変勉強になります。私の住んでる町は原発で警戒区域内にあるのですが、避難するときに964C2も一緒に持ってきました。さすがポルシェだけあって荷物も思っているよりも沢山入り、改めて実用性がとても高いと思いました。
前回はハンチングやストールでお世話になりましたが、今回は964C2のホットワイヤー式エアフロを検討していてパーツは以前に揃えてあるのですが、AFCimpセッティングを含めた工賃でどのくらいになるのか調べても出てこないので、他の方の参考にもなると思い質問させて頂きました。また、ホットワイヤー式に変更することについての注意点などあれば合わせてお願い致します。

 

 

 

 

(北海道  バキさん) 

パーツが揃っていれば そんなに難しくは無い作業ですが、配線の取り回し場所、本体の取り付け方法など
によって、どこをどうするかの手間で工賃が違ってくると思いますよ。
セッティングは基本データーがあるのでそれでも十分走れます。
そこから実走行テストなどやシャシダイナモでのチェックとなると、それまた別の実時間工賃になるでしょう。
単純な純正パーツ交換とはちょっと違う整備になるので実施店に問い合わせる必要があるでしょう。

ホットワイヤー交換については特に注意すべき点は無いと思います。
データー入力間違わないようにAFCでセッティングするだけですよ。