フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

エンジン回転数息継ぎ  (porsche964)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

いつも参考にさせて頂いております。
1990年式964 C2に乗っております。

昨年の夏より、外気温が高く、ある程度の時間一定の負荷を掛けた状態で走行し、一時間前後エンジン停止状態から再始動直後の 2000rpm~3000rpm でエンジンが吹けなくなる不具合(その後、5~10分程度で自然回復)に悩まされております。
これまで対策として、
- フューエル プレッシャーレギュレーター
- 酸素センサー
- ヘッド温度センサー
- エアフロー
- フューエルポンプ
- DMEリレー
- アイドルスタビ
と相当の部品を交換しております。
昨年の夏に初めて経験し、秋、冬、春の外気温が低い間は問題ありませんでした。
で、今年の6月頃に再発となり。

アイドルスタビは最近アイドルが少し不安定でハンチングしておりましたので交換しました。
一週間程前に交換したのですが、交換後少し改善されたのですが、完治したと言えるレベルではなく。
エンジンが温まった後は若干改善されておりますが、特に始動後20分前後でしょうか、停止の際、クラッチをきると回転が下がります。
500rpm以下へ回転数は落ち、制御系でエンストを阻止する為の介入が入り、結果、停止の際に小さく "ブンッ" とブリッピングする状態になっております。
その後はアイドリングはほぼ安定していますが、走行→停止で上記を繰り返しです(エンジンが温まると頻度は感覚的に減る)。
 
上記不具合に対し知見をお持ちでしたらご教示頂ければ幸いです。
2つの症状に何か因果関係があるのでしょうか?

※ 上記部品類の交換はショップによるものです。

 

 

 

 

(北海道  son of a gunさん) 

けっこう怪しい部品交換されて、いろいろ実施済みなので治っても良さそうですが、難しい感じですね。
熱で弱るとしたら、クランクセンサーは怪しいですよ。 点火コイルも964はトラブル出ます。
コンピューター本体もありえないとは言えませんけど・・・・
診断機でエラーが出るか、エンジンの状態をモニターしてみてどうか?など点検したいものです。
マイナスアース線も古くなったら交換しましょう。