フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

993 S のアライメント シャーシー (porsche993)

                                                                                                                                                                                                             

毎回楽しませていただいております。当方97’カラレS(MT ターボSのエアロ 18インチクラシック LSD付 15台限定らしい)を一昨年購入しやっと、昨日タイヤ交換を済ませました。ノーマルですが中古のため、新車時の状態にしたく次回はホイールアライメントを考えてます。当時のカタログ(15台限定版)ではスポーツシャ-シーとなっております。ホィールアライメント時スポーツシャーシーとノーマルシャシーでは基準の数値は違いがあると聞いておりますが、シャシーの判断のしかた、また(PJでは車体番号を伝えても返事を頂けません)両シャシーのホィールアライメントの基準値をお教えください。また、面倒(?)なキネマティックですが、糸張りのアライメント方法でもセティングが可能でしょうか?まとまりの文章びなり申し訳ありません。以上宜しく願います。


 

 


 

(神奈川県 トムさん) 

993のスポーツシャーシ用はショックアブソーバーとコイルが専用パーツでした。
Sシャーシ用は赤いショックアブソーバーだと思いますがどうでしょう?
スポーツシャーシ用のアライメントは車高が低いのですが基本調整数値は同じです。
しかし、実際はクルマの状態に合わせた調整が必要で、完全ノーマルであっても、基準は標準データーですが
やはり最後は走行してみて味付けします。 
足まわりのタイプ、車高、タイヤ、使用状況、いろんな要素を加味して行うことの方が多いのが現状ですね。
キネマティックトーインは専用工具がない限り、糸張りであってもセンサータイプであっても調整することは
できないんです。