フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

964C4ブレーキのエア抜きについて (porsche964)

                                                                                                                                                                                                                   

いつもお世話になっております。
964カレラ4のブレーキのエア抜きについての質問です。

先日ブレーキフルード交換、エア抜きをしようと思い、キャリパーのブリーダーに
取り付けるホースにワンウェイバルブを間に入れ、一人でエア抜きをしていましたが
途中でタンクを空にしてしまいタンクから先のブレーキライン、マスターシリンダー
ABSユニット等にもエアが混入してしまいました。

それからエア抜きをかなりしつこく行ったのですが、ペダルタッチが以前のように戻りません。
ペダルに抵抗が少なく、エアが大量に噛んでいる様にストロークしきってしまいます。
フカフカの状態で、ペダルをバタバタ踏み込んでいくとだんだんタッチが戻りますが
少し時間が経つと元に戻ってしまいます。

通常のエア抜き作業のように2人でしつこくやれば良いのでしょうか、それとも
特別な作業がいるのでしょうか?

クルマをウマから下ろすことも出来ず非常に困っています。
ご教授のほどよろしくお願いします。

 

 

 

 

(東京都  GO!!!!さん) 

エア抜きは普通にできますよ。 カレラ4とかターボのブレーキシステムは、蓄圧タイプで
マスターシリンダーや倍力装置が普通のクルマと違うので、ペダルの感じが違います。
無負荷で踏み込んでも、ペダルが奥まで入る感じは正常ともいえます。
一度タイヤ付けて、極徐行で踏んでみたらわかると思いますよ。
案外、エア抜きできてると思いますけどね。