フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

86y930ターボのハンチングについて (porsche930)

                                                                                                                                                                                                           

いつもお世話になっております。
ご質問しますのでどうか宜しくお願いします。
冷間スタート時、エンジンが温もるまでの間、アイドリングが上下(800~500回転以下位かなぁ)しハンチングします。
何とかエンストすることはないですが、低回転で苦しんでは回復の繰り返し、しかし、エンジンがひとたび温もると950回転位でピターと安定し、走行してもすこぶる調子は良いのです。
ちなみに燃料ポンプ前後・燃料フィルター・バッテリー・O2センサーは新品に交換済みです。温もってからの走行時2速で少し息継ぎをする時があり、マフラー出口もススがさほど付かない事から、少しガスが薄いような気もしますが、当然ながら冷間スタート時は濃く、鼻にツーンとくる位の濃さがあります。考えられる原因があればご教授頂けると幸いです。どうぞ宜しくお願い致します。
 

 

(北海道 クッシーさん) 

燃圧の制御がうまく行ってなくて、燃調が適切でない可能性がありますね。
冷間時はウォームアップレギュレターという 冷間時燃圧調整装置があり、同時に空気の量を調整してる
バイパスエアバルブも働きます。そのバランスで、冷間時の調子も変わりますね。
なので、エンジン調整も含め、その辺の装置が正常範囲で働いてるか確認する必要がありますよ。
エンジン回り、一通り点検調整するぐらいがいいかもしれませんねぇ。