フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

落雷注意報   (porsche930)

患者のカルテ
年式1979年
モデル 911sc
症状 エンジン不調 失火
修理内容 プラグコードキャップ交換

 

2011年 3月 28日
 
アイドリングでエンジンからパチパチッって独特な音が聞こえるんですわ。独特と言うのは点火火花のリークの音です。ガスコンロに火を付ける時のパチパチッと同じ感じの音ですわ。つまり火花がプラグに飛ばないでどこかで漏れてる。逃げてるとでも言うのでしょうか。雷と一緒で落ち易い所、飛びやすいところに逃げる習性があります。
 
  zako118-1.jpg
 

エンジンかけてアイドリングで置いてると、「パチッ、パチッ・・・」と不規則に音が聞こえます。連続してないですね。
 

  zako118-2.jpg
 

どうやらこの辺りか・・・
 

  zako118-3.jpg
 

ライトを当てずに暗くしてみると・・・・
 

  zako118-4.jpg
 

「パチッ!」飛んだ!、青白い火花が一瞬走った。間違いなくリークしてる。
画像撮ろうと適当にシャッター押したら一発で撮影成功。
 

  zako118-5.jpg
 

アップ画像ですが、ミニ稲光のように長い閃光が見えます。小さいパチパチリークはよく見ますが、こんな強いのはなかなか見ることないですよ。結局プラグに飛ばすより一番楽なところに逃げてリークするんですね。電圧が非常に高く、触るとかなり衝撃きますよ。ザコはこの感覚嫌いです。好きな人はヤバイ趣味。
 

  zako118-6.jpg
 

まず疑いはプラグコードに向けられます。一本ずつ抜いて導通チェックしましょう。正常ならばだいたい4~4.5kΩの抵抗値を示します。
 

  zako118-7.jpg
 

調べてみると1番気筒のコードが導通なしでした。
3分割できるので更に追求が必要です。ます。プラグキャップ、コード、レジスターキャップをそれぞれ導通チェックです。
 

  zako118-8.jpg
 

プラグキャップには約3kΩの抵抗があり正常。コードもOK。
 

  zako118-9.jpg
 

原因はこれだね、導通なし。
 

  zako118-10.jpg
 

正常だと1kΩの抵抗があります。
 

  zako118-11.jpg
 

現物はこれ。ちっちゃいキャップですが。コードとディスキャップの接続の役目をします。
 

  zako118-12.jpg
 

とりあえず悪い一個だけ交換して、直るかチェック。
もちろん完治です。他のも悪くなると考えられるので、できれば一緒に交換してやるといいのですがね・・・。
プラグ、プラグキャップ、ディスロータ、ディスキャップなんかも消耗度チェックしましょう。
 

  zako118-13.jpg
 

分解してみると、中には小さなプラグコードのような形状の抵抗が入ってました。どこかで断線してるのでしょうね

 
 
 
 
 
 
おだいじに!