フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

915クラッチ調整  (porsche930)

                                                                                                                                                                                                   

新年早々、お世話になってしまいます。79年式911SCのクラッチ周りを交換して調整しているのですが、
マニュアルに従ってレバーのスキ間をフリーで1.2mm、ケーブル装着で1mmに合わせて1回ペダルを踏むと
ペダルが戻りきらず、オメガ型のヘルパースプリングが中立位置よりフロント方向で止まってしまい、
調整ボルトのクリアランスもなくなってしまい、押しっぱなしとなってしまいます。このヘルパースプリングを
中立位置より後ろ方向へ戻しているはずの張力はクラッチのプレッシャープレートの反力だけなのでしょうか? 
ペダル側の太いコイルスプリングはペダルを踏みこむ側に引っ張っているようなので、
この現象が起こっているような気がするのですが、レバー側のヘルパースプリングの劣化でしょうか? 
6年ほど前に交換してからそれほど走行してはいないのですが・・・。
ちなみにケーブルとレリーズフォークは新品ですし、ペダルシャフトのブッシュは以前からメタルなので
変形とかはないように思います。
また、ペダルは放っておくとスプリングの力で踏み込まれた状態となってしまうため、
調整時には木切れを噛まし、一番手前で固定して調整しましたが、これが間違っているのでしょうか?
それともペダルを手前側へ戻すためのスプリングが突然消えてしまったのでしょうか?!

 

 

 

(大阪府 915clutchさん) 

3重に重なってるヘルパー板バネのどれかが折れたりしてないですよね?
ワイヤー接続しない状態でヘルパーとレバーはバコン!とミッション側のストッパーに当たりますか?
接続した状態で、ワイヤーを締めていくと引っ張られてレバーが浮くのでしたらワイヤー締めすぎだとおもいます
ワイヤーの取りまわし、レバーの位置、ペダルの位置の一番ベストな場所で調整すると
質問のような感じにはならないですね。
ペダル側の室内でもワイヤーの締め付け調整できます。

下記画像を見てもらうと、古くなったグリスや汚れがこびり付いてるのがわかりますね。
その辺のスムーズな動きは最初に全部見てから、各所調整するようにして下さい。
※レバーとシャフトのグリス切れが原因で動きが悪くなってた事例の情報頂きましたので追記します。

CIMG8214.JPG
sdddfra.JPG