フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

ファンベルトの見張り番 (porsche964, 993)

患者のカルテ
年式1994年
モデル 993carrera
症状 エンジン周辺から、キーーンと高周波音
修理内容 ファンベルトセンサー交換

 

2010年 1月 24日
 
エンジンルームでけっこうカン高い、キュイ~ン!と言う異音が聞こえます。
回転部分はいろいろあるので、特定するのはなかなか難しいです。
発電機なんかも異音の原因になることが多いですよ。今回は何でっしゃろか?

 
 zako94-1.jpg
 
 

どうやらこの辺り・・・、何が付いてるかわかりますか?この辺は回ってる部分が多いですよ。クランク、発電機、ベルト、ファン、ファンベアリング、ディストリビュータ、ファンベルトテンションセンサー、クーラーベルトなどなど。

 

 zako94-2.jpg
 
 

今回の原因はこれこれ。黒いの。
ファンベルトテンションセンサー!
964から採用されました。993にも付いてます。今パーツをとると993ナンバーの物が来ます。改良されてるのね。

 

 zako94-3.jpg
 
 

これが新旧パーツ。空冷ファンベルトの張り具合をモニターしてるんです。発電機ベルトは別で発電不良の警告しますよ。

 

 zako94-4.jpg
 
 

外すのは簡単。ボルト1本。4mmの6角レンチ。でも下のほうで狭くてやりにくいんですよ。器用な指先が一番役にたちます。

 

 zako94-5.jpg
 
 

こんな感じの長めのボルト1本。不覚にも落してしまうとクランクプーリー付近の奈落の底に落ちて行きます。

 

 zako94-6.jpg
 
 

外したところには金属プレートがあります。ボルト一本と、2つの突起が入る穴です。3点固定なのがわかりますね。

 

 zako94-7.jpg
 
 

センサーの裏には2つの突起があり、前の画像の穴にはまります。ずれたまま締め付けると大変なことに・・・。

 

 
zako94-8.jpg

 
 

丸いのがプーリーです。小さなベアリングにプラスチックのプーリ。サイズ的に見てクランクプーリーの何倍ものスピードで回りますから、最高数万回転/分ぐらいにはなるんじゃないでしょうか。だからベアリングが痛んでキュイ~ンっと音が出るのね。中にはプーリーに亀裂があったり、割れ飛んでベアリングだけで回ってるのもあるよ。

 

 zako94-9.jpg
 
 

分解してみると笑うほど簡単。プーリーを外側に押し出すスプリングとマイクロスイッチ。ON、OFFしてるだけという開けて
ビックリボッタクリ状態?

 
 
 
 
 
 
おだいじに!