フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

触媒の取り外しについて (porsche964)

                                                                                                                                                                                                 

はじめまして。92年964tipを今年購入し、俄か勉強でチョットづつ修理をしています。いつもhp拝見しており参考にさえていただいております。ありがとうございます。
これからの北海道は本格的に冬のため911も冬眠させます。その期間にこれまで作業履歴のないオイルラインやバルブクリアランス等の作業を今後予定しているのですが、どうしても触媒(前方)の12mm×4本のボルトが固着して外れません。ラスペネ、CRC等を噴いて数日放置してもビクとも言いません。若干ボルトがナメ始める気配のため、このまま外さずにエンジン左側のバルブクリアランスの調整、プラグ交換が可能であればと考えてますが、触媒を外さないで作業は可能でしょうか?外すことが必須であるならば切断を考えるしかないのでしょうか?ご教示いただけますよう宜しくお願い致します。

  

 

(北海道 カマカヴィオーレさん) 

排気系のボルトナットは錆びますね。 6角ソケットレンチで緩むことが多いですが、
固いときはバーナーで熱して緩めますし、舐めてしまってるなら切断タガネでナットを叩き割って、
新品ボルトナットで気持ちよくしたほうがいいですね。 
もちろん触媒外さないと、まともにバルブクリアランス調整できないです。