フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

964 加速時の息つき (porsche964)

                                                                                                                                                                                                         

まだ1,2,3でしか症状が確認できてないのですが
各ギア段で約4500rpmを越えて加速していこうとするとその回転数で一瞬息つきをしてしまいます。

また、息つきの瞬間にタコメーターがピクっと200rpm分くらい上側に振れて、その直後にはまた通常通り加速していきます。

タコメーターが振れるという症状から点火系の不具合なのかなと予想したのですが、いかがでしょうか?

ご教授のほどよろしくお願いします。

 

(北海道 GO!!!!さん) 

以前あった症状では、高回転域でエンジン息付きを起こす964がありまして、アクセルの踏み方で
出たり出なかったりするんですが、結構踏んで行ってる時に現象出やすく、
その時の原因がエアフロメーターの中の接触基盤の磨耗でした。
ちょうど全開手前付近から全開にかけて基盤が減っていて、そこにさし当たると断線症状が起きるので
エンジン吹かなくなるような感じが続くんですね。 
そうなるとアッセンブリー交換するしか無くなります。
今回の場合は、それ以上の回転でまた上がっていくとのことで、場所がちょっと違うかも知れませんが、
そんなこともあると言うのを頭に入れといてください。

タコメーターに変な現象が反映されてるのでしたらもしかしたら点火系のトラブルも起きてるかも。
息付きするのに回転上がる方向に針が振れるなんて不思議ですよね。
高負荷時の失火?点火コイルの不調、イグナイタ、ディスビキャップ、ローター プラグ、コードなどなど
気になる点は多々あります。

 gjurtg.JPG

CIMG4911.JPG