フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

この間は、ありがとうございました。 (porsche993)

                                                                                                                                                                                             

もう、一つ教えてください。
クラッチオイルの交換後、試乗。(3Kmほど)途中、静止状態で(ニュウトラル)クラッチをはなすと、カッチンと音がしました。けっこう気になるほどの音です。クラッチオイルの抜き方に不備が?と、思い 再度エア抜き。状態は変わりません。エンジンを回していないときは何も異音はしないのですが、エンジンを回していてニュウトラルの状態で、スッとクラッチを放すと、最後の所でカッチンとなります?(ただし、ゆっくりの時は、音はしません)
下にもぐって、(エンジンは始動中)クラッチを入れたり放したりしてもらうと、ミッションのエンドカバーの次にあるdistributorあたりから音がします。エンジン停止時、ギアを入れ替えてもらうと、音は違いますが そのあたりの振動と同じ所からしているとおもいます。
これは、クラッチ板とは関係なくミッションに何らかのトラブルが発生したのでしょうか?(クラッチ板はまだ交換してません)日々、変な汗ばかりの毎日です。申し訳ないのですが、これに対する対処方法はないですか・・・?(レリーズシリンダーは交換済み)宜しくお願いします。(94年993です)

 

 

 

(愛媛県 なんちゃって整備士さん) 

エンジンかけたまま停車状態でクラッチ踏んだり離したりしたらある程度は、ミッション内部でガコン!と
作動音はしますね。 ギヤが停止状態から急に動き出すわけですから。
そのショックを和らげるのがツインマスフライホイールの役目でもあり、もしその機能が壊れてたりしたら
普通の音より大きめの音がする可能性はありますね。でも、壊れてるって経験は無いかな・・・・。
964で動きの悪いものは見たことがありますけど、993も16年選手ですからそろそろ・・・・?。
どのような程度なのか確認する必要がありますね。
ちなみにミッションオイルは早めの交換がいいですね、特に993は。