フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

スピードメーター無断欠勤 (porsche993)

患者のカルテ
年式1994年
モデル 993carrera
症状 スピードメーターが急に休みます
修理内容 経絡秘孔を一突き

 

2010年 9 月 4日
 

いつもながら変な症状の993に乗りました。乗ったときは面白い症状だなーなんてね。でもなんとなく原因箇所が頭に浮かぶような、浮かばないような。



 

 zako237-1.jpg
 
 

変な症状と言うのはですね、普通に走ってるときはスピードメーター動いてる、針は速度を指してるんです。ところが、交差点で右折するといきなり針がストン!と落ちる。作動しなくなる。0km/hになる。なんだこれは?! 突然電気がプツンと切れるような感じです。その他の不具合はありません。気持ち悪い症状だな~


 

 zako237-2.jpg
 
 

さらに詳しく症状確認しようといろんな運転を試しました。スラローム、やっぱりハンドルを右にきった時だけリズムに合わせて針はお休みに。低速で小刻みにキコキコしてもやっぱりお休み。直進時でも激しい段差で時々お休み。ステアリングのシャフトが配線でも断線させるのか?、どこか振動で切れる接触不良?メーターの中?なんて思ったり、いろいろ考えれるのでまずは簡単なところから見てみよう。


 

 zako237-3.jpg
 
 

メーター本体内部かコネクターの接触不良?と思って直進しながらコンコンしてみたりしたけど変化なし。
スピードのセンサーかな?993のスピード検出は左リヤのABS兼用の回転センサーを使ってます。ちなみに964は前期はミッション本体のセンサー、964後期は左フロントのABSセンサーを利用してますよ。
本来ならABS兼用センサーが悪いと、ABS警告灯が点くはず
なので、ここは却下ですが、一瞬の断線症状なら、警告灯まで
光らせるに至らないのか?と思い、チェックです、。


 

 zako237-4.jpg
 
 

ホイール回転センサーです。同じ物が各車輪に付いてます。磁石を使ってるので鉄粉の付着堆積でも反応不良を起こすし、コネクターの接触不良もありえます。調べてみたけど症状回復せず。


 

 zako237-5.jpg
 
 

横Gや振動で変化するので接触不良で間違いないんだけどなーなんて思いながら、運転席イグニッションスイッチの裏ぐらいに付いてるセントラルインフォメーションのコントロールユニットのコネクター接触もチェック。おかしくなさそう。


 

 zako237-6.jpg

 
 

画像では試しにひっぱり出してみました。メーター関係を統括してます。作動、警告灯、オンボードなどなど。
こやつはあまり壊れませんが、先日964で、突然走行中にタコメーター左下の警告音スピーカーから「ピーピーピーピー」と警報が鳴り出しまして、その時警告灯は点灯して無いので(通常はランプと同時に鳴る。どの警告の時なのかは取り説参照)誤作動だとは思いました。実はこのユニットがお狂いになっておられたんです。


 

 zako237-7.jpg
 
 

話は戻って、ホイールセンサーの信号はいったんABSコントロールユニットに入ります。トランク床の右前部分についてます。しっかり固定されてるので接触不良は以前に変な修理をされて無い限りありえないかも。それに症状発生時にABSコントロールユニットに入力がされて無いとしたら、メーター動かない時にABS警告灯を点灯させるはずですね。


 

 zako237-8.jpg
 
 

当然電気系の修理は配線図なんぞも見ながら、なんかんやかんやと考えたりしてます。無いとなかなか原因箇所にたどり着きませんし、余計な遠回りしてお客さんにも迷惑かけますね。

 

 zako237-9.jpg
 
 

この部分にABSコントロールユニットからセントラルインフォメーションユニットまでの配線が書かれてます。

 

 zako237-10.jpg
 
 

配線は各装置につながるけど、1本線で行けるわけでがありません。中間コネクターが存在してます。取り回しやハーネスパーツの分割、メンテナンスのためです。ABS/CU~セントラルインフォまでの間に1箇所コネクターがあるのが確認できます。
X1/1と言うコネクターです。この番号のコネクターがどこにあるかもちゃんと別ページに書かれてますよ。

 

 zako237-11.jpg
 
 

それがここです。ボンネット開けて助手席側のヒューズBOX後ろのエアコンユニットの横、フードダンパーのところ。

 

 zako237-12.jpg
 
 

覗き込んで見ると・・・・、ん?
なんか変
え?おっ?ふぇ?

 

 zako237-13.jpg
 
 

このX1/1コネクター、抜けてるしーーーーー。と言うか完全分離一歩手前。接触してるだけ。配線の弾力で立ってるだけ感じ。
なんとこれがスピードメーターご休憩の原因でした。理解できます。右旋回時だけ遠心力でコネクターが離れて断線状態。振動もそう。直進や左旋回ではかろうじて接触してる。だからこんな面白い症状だったのね。なるほどな~。
感心してしまいました。

 

 zako237-14.jpg
 
 

しっかり差し込んで終わり。北斗神拳のように指1本で秘孔を突いて直してしまった。
知ってしまえばアホらしい。なんで抜けてるのかは不明です。フードショックの交換時にでも引っ掛けたのでしょうかね。
まったくもう。

 

 
 
 
 
 
 
おだいじに!