フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

実は左右独立ヒーターです  (porsche964)

患者のカルテ
年式1989年
モデル 964carrera 4
症状 助手席側ヒーター効き悪い
修理内容 右温度センサー交換

 

2010年 9月 28日
 
964から装備されたエアコンディショナー。通称エアコン。
930まではクーラーと言っていいでしょうが、964以降はエアをミックスして
設定温度になるようにコンピューター制御されてます。
ところが助手席側ヒーターのみ明らかに温度差が大きく、設定温度に対して
正常でない温度の風が出る現象が出てます。
 
 zako206-1.jpg
 
 

964のヒーターは左右独立して温風を送るようになってます。
どちらか片方だけ温風が出たり、出なかったりの症状で温度フラップモーターが動いて無いという事例はありました。
今回はそれとはちょっと違うようです。

 

 zako206-2.jpg
 
 

設定温度に対して助手席の温風温度が明らかに運転席と違う感じのこのクルマ。
とりあえずフラップモーターの作動確認です。コントローラーの
温度設定を18℃~30℃まで上げたり下げたりすると、フラップモーターが動き、フラップを開閉させてるのがわかります。動けばまずモーターに問題はありません。
ところがこのクルマの場合、動いているものの作動に左右差があり、最高温度にしても助手席側が全開になってませんね。

 

 zako206-3.jpg
 
 

パッとひらめいた。野生のカンです。
これは左右のフラップの開度を制御してるコンピューターに入力されてる温度に左右差があるからだ!
そうなんです。964以降のヒーターでは運転席助手席側がそれぞれ温度モニターされてて独立制御されてるんです。なんて賢いいんでしょう。

 

 zako206-4.jpg
 
 

と言うことで左右のチャンバー(エアコンユニット)にそれぞれついてる温度センサーを点検します。これは室内に送るための空気温度をモニターしてます。ここに刺さってるんですが配線はハーネス一体でコネクターは存在しません。とりあえずセンサーの抵抗値を点検するには・・・・・

 

 zako206-5.jpg
 
 

センサーはハーネス一体で繋がってるので、コネクター部で抵抗値を点検するには室内のコントロールユニット裏からチェックする必要があります。

 

 zako206-6.jpg
 
 

コネクター抜いて配線図とにらめっこして、該当する線間の抵抗をみればいいんですね。

 

 zako206-7.jpg
 
 

まず正常作動と思われる運転席側の温度センサーの抵抗値を見ました。約16,3Ω

 

 zako206-8.jpg
 
 

次に助手席側は・・・・・・
約4,3Ω。。左右差ありすぎ。この数値は時々何らかの拍子に16Ωぐらいを指したりします(IGをon,offしたりすると)

 

 zako206-9.jpg
 
 

この数値表からすると、運転席は15度ぐらい?助手席は40度?ぐらいと判断してる数値になってるよね?だとしたらいくら室温30度に設定してもコンピューターは「助手席は40度もあるんだからヒーター効かす必要ないじゃん」ってフラップモーターを動かす気がないと言うわけです。

 

 zako206-10.jpg
 
 

ということで、おバカな温度センサーを引っこ抜いて、コネクターになってない配線ちょん切りました。新品を注文しても良かったのですが、たまたま中古部品があったのでそれに交換してOKです。

 

 zako206-11.jpg
 
 

センサーがどうなってるのかと分解。チャンバーの奥に届くように長いガイドになった形状で、先っちょに温度センサー付いてます。こんなのが29,000円也だって。

 

 zako206-12.jpg
 
 

なんだこりゃ?配線の先にハンダで蟻のようなセンサーがポチッと。消えかけの線香花火みたい・・・・。

ちなみに壊れることで有名な温度フラップモーターは生産中止
のため新品パーツが入手できません。
世界的に困っちゃうことになってます。

keep9では分解修理&中古パーツの再生利用などで
できるだけのことはやってます。

今回のモーター作動不良は、モーター本体の不良では無く
温度センサーの不調です。お間違えの無いように!

END

 
 
 
 
 
 
おだいじに!