フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

930ターボ点火時期 (porsche930)

                                                                                                                                                             

いつも大変参考にさせてもらっております。
表記の件ですが、以前ザコさん、930ターボの点火時期の記載をなさってましたよね。

そこでご質問なのですが、
930/66(デスビには進角赤遅角青両バキュームホースあり)の車両
①進角ホースが破れていることに気づかずに正規の点火時期調整をした
②その後バキュームホースの破れに気づき、直して取り付けた(点火時期の再調整せず)
この場合、点火時期の狂いが発生しますでしょうか?
また、エンジンの調子はどういう風になると思われますでしょうか?ご教授くださいませ。

 

 

 

(北海道  ぱぱさん) 

930ターボの点火時期調整は4000rpm時の進角を見ますね。
ホースはつなげたままが指定されてます。
 
デスビにはバキューム進角と遅角のアクチュエーターが付いてます。
これまた、国別仕様でバキュームとかバルブとかの構造が違ってまして、排気ガス規制等に
対応するような感じになってます。
今までの整備歴史に中で、いじられて変更や削除されてたりすることありますね。
930/66でしたら、アイドルで進角してないのでは無いでしょうか?ホースを挿したり外したりしたら
②でアイドル回転数変化しますか?、しなければ点火時期は変化してません。
(バキュームアクチュエーターが内部で固着とかしてないのが前提ですが、案外正常に作動してない車ありますね)