フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

みすぼらしいポルシェではいけませんぞ (porsche993)

         
患者のカルテ
年式1994年
モデル 993carrera
症状 リヤウィングウォール破れ
修理内容 ウォール交換

 

2010年 8 月 30日
 
リヤスポイラーウォールって何?見たことないよ。

 そーです。これがなかなか自分では気付かない所で、リヤスポイラーが上がっている時に見える黒い蛇腹のカバーなんです。

 964・993のリヤスポイラーは80km/hでせり上がり15km/hで収納するので、自分で確認するにはスイッチで任意で上げないといけません。


 
 993supo12.jpg
 
 

リヤスポイラー手動で昇降させるスイッチ。
洗車時など上げてみてください。

 

 993supo6.jpg
 
 

これが破れている状態。
向こう側が見えてはいけません。
ビニール製なので寿命はだいたい3~4年ぐらい。
ストップ&ゴーの多い日本じゃウィングが出たり入ったり、
だから破れやすいのでしょう。

 

 993supo7.jpg
 
 

脱着は2箇所はめ込みですが、けっこう力が要ります。
取り付け部に潤滑剤をうす~く塗るとはめ易い場所も。

 

 993supo9.jpg
 
 

裏からみてパイプにパコンパコンと はめ込む感じです。
最初はスポイラーをいっぱいに上げて、途中で半分降ろしてとテクニックが必要かな?

 

 993supo1.jpg
 
 

外れた状態。
取り扱い説明書には高速走行時にスポイラーが上昇しないと走行安定になるのと、エンジンの冷却が充分に行えないとあります。
上昇していても破れていると、何らかの影響が出るのではないかと思われます。

 

 993supo3.jpg
 
 

もし後続車から見られていると、
完全に切れている場合、パッと見はわからないかも知れませんが、
半分切れて垂れ下がっていると、なんてみすぼらしいポルシェだと思われるかも知れませんね。(笑)

 

 100716_182202.jpg
 
 

完了です。
一般道で上がっていると80km/h以上出した証拠です。
マニアな警官だと指摘さてるかもしれませんよ。
気をつけて!
 

 
 
 
 
 
 
おだいじに!