フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

タコメータの誤動作 (porsche930)

                                                                                                                                                             

お世話になります。85年式の3.2カレラですが、今日出勤途中でタコメータが誤動作をはじめました。
症状としては、実際の回転数より500~1000rpmほど高めに指示する事が多く、時折正常に戻ります。また、ブリッピングをするとナローよりも素晴らしいレスポンスでレッドまであがります(笑)。
一定回転を保って走行しているときも、じわじわ上がっていったかと思うと、スッと正常に戻ったりします。
シガライターソケットに差し込むタイプの簡易型の電圧計で見ると、発生電圧は13.7~14.2V位を保っていて、バッテリーも熱くなったり粉が拭いた様子はないので、よくあるボルテージレギュレターのトラブルではなく、タコメータ本体、もしくは配線等の問題とかんがえてもいいのでしょうか?
ご回答よろしくお願いいたします。

 

 

 

(静岡県 pf911さん) 

おそらくタコメーターの不良ですね。 針がブンブン元気良すぎて跳ねすぎる症状は けっこうよく見かけます。
内部の問題なので本体修理でいけると思いますよ。