フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

カブリオレ警告灯 (2) (porsche964)

                                                                                                                                        

御指導ありがとうございました。
早速、LED電球マグライトと、細く長いマイナス・ドライバーを用意して、締め込みトライしました。

どの質問でも、ほとんどの場合が「シーズン2」に
突入してしまう傾向にありますので、
今回に限ってウマク行くわけないや。と思っていましたが、
本当にそうなりました。

作動音の確かな左の穴を覗いて見ると、穴の中央に
角ばったマイナス頭のボルトが見えます。
作動音のカラ回りしている右の穴を覗いて見ると、
気のせいか、大吟醸の米粒みたいに、マイナス頭が
6割ぐらいしか見えず、ボルトが上方向にずれている
ように見えます。

作動音の確かな左の穴に、マイナス・ドライバーを
挿入し、Zu(締まる)方向にまわすと、手ごたえが
しっかりしていて、ほぼ締まりきっている事を
感じさせます。
それに対して右の穴は、回っているのか、
ドライバーがボルトに正しく噛みついたのか、
くるくる回って手ごたえがありません。

ドライバーを挿入した状態で、カブリオレの操作
スイッチを、閉まる方向に動かすと、ドライバーも
同じ方向に速い回転でくるくると回ります。
モーターは回っていて、マイナス頭のボルトも
ちゃんと回っている事が分ります。

え~、、、、
わかったのは以上です。

電動カブリオレは、ワイヤー駆動で動いている、
と、他の964カブリオレ乗りに聞いた事があり、
「開きはじめたら最後まで開く。
 締め始めたら最後まで締める。
 途中で行ったり来たりすると、ワイヤーが外れて
 空回りすることがあるから注意したほうが良い。」
と、その彼も数人のまた聞き情報として、
他のカブリオレ乗り達に布教してくれていました。

もしかして、、、、
警告灯が点いた時、ちょっと開けて、ちょっと閉める
をやってのが原因で、ワイヤーだか、ドライブ
スプロケットだか、どこかはずしちゃいました?
ぼく?

だとしたら、どこから開けたら、問題箇所が見えて、
このアクチュエイターの分解修理ができるのでしょう。
元通りになるのでしょうか?

もしかして、ワイヤーはどこか知らない密室に
巻き取られちゃっていて、二度と会えない。
なんて事になってやしませんか?

そして今回も「シーズン2」です。
助手席ドアロックの時は、
”運転席からだけ開けられるセキュリティー」
という解決に至りましたが、
今回は
”布でできた屋根のクーペ”
という解決に至るのでしょうか???

それもオシャレですけど、、、、、

御教示ください。

 

 

(神奈川県 SHINさん) 

 また、シーズン2に突入ですか。 ほんと好きですね~。
って好きで続編作ってるわけではないですもんね(笑)

どうやら、モーターは回ってるのに、ギヤが回転ぜずに空回りというか動かないのでロック解除しないと
いうことのようですね。
けっこう軽く回転するので、手動でもかなりクルクル回さないと動かなかった記憶あります。

その部分のロック機構は機械式ギヤ駆動でワイヤーは使われていません。
もしかしたら内部のギヤが破損してるかも?
スピードメーターのトリップギヤ歯が欠けるように、ロックモーター内ギヤが欠けている・・・・。

モーターASSYを外して分解できます。
何年か前にギヤ交換とかしてました。 純正ではギヤのみ出ませんので、下町の歯車屋さんに頼んで
ワンオフ作製してもらった記憶ありますね。

とりあえずシーズン2は、モーター分解編ってことでどうでしょう?
って言うか、ロック解除しないと外せないか・・・・・・どうやって解除したのか覚えてません。
車載状態でモーター分解していったんだっけ?

ちなみに純正ロックモーターASSY 12万円なり

hhdwuihu.JPG
DSCfee05.JPG

 DSfefeC8.JPG