フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

キーシリンダーのゆるゆる問題 シーズン2 (porsche964)

                                                                                                                                                     

いつもご指導いただき、ありがとうございます。

なんとなく解決気分にひたっておりまして、
特に大きな弊害はないだろう、と高をくくっておりましたが、思わぬ落とし穴に驚き、再修理を決意しました。

今の状態で、運転席から降りて施錠すると、
当然ですがセキュリティーが作動します。

そして、なにげなく助手席側から解錠したら、、、
アラームがけたたましく鳴りだしました。
すぐに運転席側に回って、キーで施錠解錠を行ったので
アラームは止まりましたが、助手席側の電気式ロックが
作動しない状態で、メカニカルに解錠すると、
いわゆるガラスを割って、中から手で開けた状態、
と同じ条件が揃ってしまって、アラームが鳴る。
と、言うことが分りました。

あぁ、やはり、直さないと。

夜明け前の住宅地の駐車場じゃなくてヨカッタ。
パトカー来ちゃうところでした。

と、いうことで、晴れた休日に再度チャレンジ。
180度回して組付けにトライします。

ドアハンドルを外さず、プラスの皿ネジだけゆるめて、
外からキーを刺して180度回す、
という手抜きはできませんよねぇ、、、。

 

 


 

(神奈川県 SHINさん) 

シーズン2、いっちゃいましたか。

やっぱりハンドル抜き取らないといけませんね。
180度回転させて作動するか確認してもらって、ダメならマイクロスイッチ外しですが
もう勉強がてら、スイッチ外して窪みを目視チェックするといいと思います。
頑張って。