フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

エンジン不調  (porsche964)

                                                                                                                                                 

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。当方90年カレラ2MTです。
最初はアイドリング時のハンチングでタペット調整、プラグ、イグニッション・コイル、フュエルプレッシャー・
レギュレータ交換で完治しておりましたが、走行時にアクセルに一時的に反応しなくなり
アイドリングが勝手に上昇下降するようになり始動時にも何気筒かプラグがかぶっているような症状が
でるようになりデスビオーバーホールにバッテリー交換。
また一時的に症状がおさまりましたが上記の症状すべてが頻発するようになり始動、走行不能になりました。
その後こちらのHPを参考にバッテリーのターミナルやらアースやらエンジンルームのコネクターを確認して
CRCなどを吹いておりましたら突然復活しました。。
様子見に近所をひとまわりしたところ停止時にアイドリング下がりすぎますがストールには至らず
上はいたって快調にまわって???と思っているとCAT警告灯がつき(回転下げてたら無事消灯)
何がなんだかわかりません。ご教示宜しくお願い致します。


 

(東京県 みみさん) 

 回答遅れました。
内容的にはけっこう弱点部分を整備はされてるようですね。
あとは、エアフロはどうでしょう?本体の不調かコネクターの接触なども考えられます。
でもそれだけでは解決しないような症状も併発してるようなので、トータルで見直してみないと
何ともいえないってのが正直なところ。 温度センサー、アイドルバルブ、その他センサー類の
数値を専用テスターで見ることが完調への近道ではないかとおもうんですけどねー。