フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

油温計の適切な位置について (porsche993)

                                                                 

はじめまして。初心者のためいつも参考にさせて頂いてます。

うちの993tipですが、油温計の針は渋滞時は真ん中より少し上で安定しています。

走行時は下から3つ目の目盛り(8時)で安定しています。

渋滞時も下から3つ目の目盛り(8時)で安定するのが普通と聞いたのですが、これは事実なのでしょうか?

だとしたらサーモスタットの不具合でオイルクーラーにオイルが流れていない等が原因として考えられるのでしょうか?

先日30分くらい渋滞にはまった際は下から4つ目の目盛りの少し下まで温度は上がりました。

夏を目の前にして急に不安になりました。よろしくお願いいたします。

 

 

(千葉県 IDEHRさん)

 

日誌に関連したものをアップしてみました。
http://www.keep9.jp/2010/04/-porsche-all.html

針の位置は個体差で若干の誤差はありますが、ほぼ1針前後ぐらいです。
ですから、水平より少し上であっても、その時に右フロントフェンダー内のオイルクーラーファンが
低速側回転で回っていれば問題ありません。 
ファンレジスターが故障して、高速回転しかしなくなることもありますが、その場合は、油温計の針は
レッドゾーンの1個下の白い線の下ぐらいです。もちろんそれでファンが高速回転します。

>渋滞時も下から3つ目の目盛り(8時)で安定するのが普通と聞いたのですが、これは事実なのでしょうか?

水平位置ぐらい、もしくはもう少し上ってのが通常でしょう。

>先日30分くらい渋滞にはまった際は下から4つ目の目盛りの少し下まで温度は上がりました。

この季節でそれでしたら、もしかしたら、レジスター故障で低速回転で回ってないかもしれません。
レジスター交換歴を調べてみて下さい。
途中で対策部品として、供給されるようになったパーツが付いてるかもしれませんが
それでも万全とはいえない場合があります。

しかし、低速回転でも間に合わないぐらいの熱的に不利な状況でも大丈夫なように
高速回転が用意されてますから、不意の渋滞でもシステムが正常であれば、神経質になる
必要はないですよ。