フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

ドアキーシリンダーゆるゆる回り、解決できず。 (porsche964)

                                                 

ザコ師匠
御指導ありがとうございます。
残念ながら、ブラウザの設定かもしれませんが
掲載の画像がX印で見えないまま、ドア内張りを全バラしました。
以前にも運転席側で経験がありましたので、
ドアロックダイヤルのベースプレートを回すのに
ラヂオペンチを準備する、など、ぬかりなく、
内張りの分解は順調。
しかし、雨よけのゴム・シートを注意深くはがして
ドアロックのあたりを見ましたが、縦長のアクチュエーターが見えるだけで、キーシリンダーを見ることさえできず、元通り復元するだけの治療無き開腹手術になってしまいました。

キーシリンダーは、相変わらず外からのキー操作でぐるぐる周ります。
しかし、電気的にスイッチは入るらしく、集中ドアロックの施錠・解錠は機能します。
ただし、へんな位置で停めると、運転席側からのキー操作を認識しません。

ふむ~

とりあえず、運転席側しかキーで解錠・施錠しない。
という、なさけない対策しかできません。

964のディーラー車なのですが、ドアの内側から
キーシリンダーの見えない年式というのが
存在したのでしょうか????

愛機はいつも絶好調でいてほしい。
でも、ちょっとぐらいのクセはむしろ可愛い。
しかし、直せるクセなら直してやりたい。
と、心中複雑。

どうしたらいいでしょう?


 

 

(神奈川県 SHINさん) 

http://www.keep9.jp/2010/03/-porsche964-63.html

画像が見なかったですか?、変更したので確認してみて下さい。
けっこう分解して、あと少しまで来てたと思いますが・・・・
キーシリンダーの裏が見えなかったのは、いじられ防止カバー⑮が付いてるからです。
固定のビスを2本外せばカバーもはずれるけど、ドアの中から抜くのに知恵の輪みたいな
作業が必要かな?ちょっとコツがいるでしょう。言葉では説明しにくいな~。

シリンダーの回転を検知するマイクロスイッチが付いてるので、電動ロックは作動します。
グルグルまわるようなので、抜けてくる一歩手前じゃないですかね。

doainnna-.JPG