フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

エンジンストール (porsche930)

                                                       

いつも参考にさせていただいております。
車は1987年の911カレラです。

ストールについてご質問させていただきます。
何事もなくドライブを終了そのまま、ガレージへ
1週間後ドライブへ出かけようとセルを回し
いつも通りエンジンスタートと思いきや
1気筒死んでいるような振動と排気温ランプの点灯
直ぐエンジンを止め点火系のチェック
ハイテンションコードが1本抜けているのを
発見し入れなおし、再びエンジンスタート
何事もなくいつも通りにスタートしました。
それからいつものドライブに出たのですが、
時々、低速でエンジンが突然ストールする様になり
その後も走っているとたびたび低速でストールする事が続いて困っております。
高速などでは全く問題がないのですが、
どの様なところをチャックすれば宜しいんでしょうか?
お近くであれば直ぐに御社へ修理に出したいのですが
アドバイスをいただけると助かります。
お忙しいところ誠に申し訳ありません。
お願いいたします。


 

( 茨城県 Noriさん)

 

 ハイテンションコードが抜けていた原因が気になりますねぇ。普通は勝手に抜けたりしない
箇所であるように思うのですが・・・。
まず、エンジンの調子がどうであるかですね。綺麗に6気筒が機嫌よく回ってる感じしますでしょうか。
点火が良くない、どこかエア吸いがあって微妙にラフアイドルになってるとか、
アイドリングのバルブの動きが悪くて、制御が一定でなく、不安定な状態も起きたりします。
アイドルバルブの清掃とか、各コネクターの接触不良とか無いかの点検ぐらいしかできないように
思います。 
エアフロセンサーの内部不調で、回転落ちの時にそのままエンストすることもあります。