フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

993のエンジンハーネスは対策を  (porsche 993)

患者のカルテ
年式

1994~1996年

モデル993全車
症状 エンジン不調や警告灯点灯など
修理内容 エンジンハーネス交換

 

2009年 6月20日
 
993乗りの皆さん知ってますか?以前ポルシェジャパンで
「サービスキャンペーン」と言う、無料修理サービスが行われてました。
内容はエンジンハーネスの配線に問題があり、1994年から1996年製造の
993の中(すべてのタイプ、Sやターボも)に、交換必要な車体があると言う物
です。(これはたいぶん以前から報告事例のある不良個所でしたね。)

もちろんすべてポルシェ社製造ですので、ディーラー、並行に関係なく、ポルシェジャパンが対応してくれるはずです、もしな症状が出てたり、
知らないなーって方は最寄のポルシェセンターでの点検をお勧めします。 
とは言ってもほとんどは実施済みだと思いますけどね。

 

 
 
 

993のエンジンハーネス不良はかなり前から言われていた物で、
この画像も以前に納車整備として行ったものです。
けっこう大変な作業なんですよねー。

 

 
 
 

エンジンハーネスは、エンジンの上を゛のたくってる”電気系全部の配線の束です。
束ですからまとめてゴムのチューブで覆われているので、
悪くなってる様子は見えません。
一番悪くなるのは、エンジンルーム左から伸びるハーネスの
この辺、バンドで固定されてる所ですかね。

 

 
 
 

エンジンの上周りの補機類はすべて外す必要ありです。
エアダクト、エアクリーナー、ブロアファン、etc・・・。
ちなみにボディー全体に無数の配線は使われてるのですが、
悪くなるのはエンジンハーネスだけですね。

 

 
 
 

そしてこれも、エアインテークマニホールド。
燃料インジェクターにも配線行ってますからね。
とにかく作業の邪魔になる物全部、取っ払いましょう。

 

 
 
 

もちろん、発電機の裏側のぶっとい配線もです。
ここも熱を持つ所なので、けっこう悪くなってます。

 

 
 
 

だいたいこんな感じで、上側は見晴らしが良くなりますね。
これは94カレラだからいいけど、バリオラムとかの
デッカいインテーク付きなんかはどうやって交換するのかな?
エンジン降ろさなくて出来るのかしら?


 

 
 
 

外したハーネスの全貌です。コネクターが無数に付いてますね。
セルモーターにも繋がってるので、リフトアップして車体下からの
作業もしないといけないです。

 

 
 
 

配線を覆うカバーチューブを剥くと、中から何十本もの束になった配線がでてきます。いろんな色でカラフル。

 

 
 
 

どうですかー!銅線の樹脂被覆がボロボロに砕けて剥き出しになり、
隣の銅線のくっ付いたりしてます。完全にショートです。
こうなると、場合によって様々な症状が発生しますよね。
警告灯が点いたり、燃料が異常に噴射されたり、ヒューズが飛んだり。

 

 
 
 

この日誌のクルマは症状の特に進んだ個体でした。
乗り方によっては、すぐに悪くなったもの、いまだに古いままでも
症状が出ずに乗れてる車もあるかもしれませんね。
 

 

 
 
 
おだいじに!