フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

優しくいじってちょ~だい  (porsche 911ALL)

患者のカルテ
年式~1998年
モデル911
症状 パワーウィンド作動不良
修理内容 スイッチ分解修理or交換

 

2009年 5月 5日
 
誰もが経験あるんじゃないでしょうか。パワーウィンドスイッチの不良
上下しなくなったり、内部でショートしてヒューズ切れたり。でも壊れない人は壊れないし、壊れる人は何回も壊れるってな現象が起きます。
なぜだか検証しましょうか。

 
 
 
 

この画像見てください。上下に動くシーソータイプのスイッチだけど、なんか傾くようにずれてます。9割がたがこの壊れ方ですね。

 

 
 
 

おっとその前に、簡単なスイッチの外し方を。
引っ張り抜くだけ。付ける時は差し込むだけ。

 

 
 
 

964、993はコネクターを抜けばスイッチ単品で取れます。930は5本の配線を抜く必要あり。
逆さにはめ込むとウィンドウの動きが逆になっちゃいます。
 

 
 
 

話は戻って、壊れた原因を調べてみます。分解するには裏からマイナスドライバーで「こじって」カバーだを浮かせ外します。

 

 
 
 

するとこんな感じでシーソー部分が露出します。

 

 
 
 

ひっくり返すと中の部品がバラバラと出てきました。
あれ?なんか小さなパーツが転がってます。

 

 
 
 

拡大するとこんなかんじ。ゴマ粒的物体が・・・・。
分解した時に落としたり、吹き飛ばさないように注意

 

 
 
 

ゴマ粒の定位置は、実はここです。折れたままここに鎮座してます。分解した時に無くないようにしないと修理できません。

 

 
 
 

シーソーのこの部分のゴマが折れたから片側が浮いてるんです。


 

 
 
 

ゴマを瞬間接着剤で付けてあげます。案外これで大丈夫になります。元より強くなる感じです。
コツは元あった位置に元あった向きでピッタリ合わせることです。あとはスイッチを元通りに組み立てればOKです。交換するより安くつきますよ。最近スイッチ値上がりして、なぜこんなパーツがこの値段?って不思議になりますもんね。

 

 
 
 

でも直らない壊れ方もありまして、シーソーの中の足の亀裂破損です。こうなると接着しても長持ちしません。けっこう力がかかる場所なんです。

 

 
 
 

スイッチ内部には金属シーソーの接点が。ここは焼けて焦げてたりします。
ちょっと磨いてあげる優しい心が欲しいところです。

 

 
 
 

シーソーの中心を真っ直ぐ上下に、ゴマ粒で支えてるだけと言うことを意識して扱うこと!

 

 
 
 

修理不能なスイッチを貯めてるとこんなに。このスイッチはデリケートですが、スイッチ正面からきちんと上下の力をかけて、余分な力をかけないようにすれば長持ちします
その使い方を間違ってると頻繁に壊れます。優し~く扱ってあげてください。
 

 
 
 
おだいじに!