フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

ニュートラル・ポジションのシフトの感触  (porsche 964)

                 

以前ご相談申し上げた、964のMTのシフトの感触の件で、あちこちユーザーの聞き込みを行いましたところ、おそらくこれかな?と思える意見を聞きましたので、セカンドオピニオンとして、ザコさんの意見をお聞かせ下さい。
症状は、冷えている時には正常なのに、エンジンやミッションが熱くなった時は、ニュートラル・ポジションでのシフトの「横方向の動き」の感触が、硬くなる。という不具合内容です。
タテ方向の、1⇔2間や、3⇔4間はスコスコと入るのに、横方向が、まるでバックギアに入れるのか、ってくらいに抵抗を感じるのであります。

原因は、シフトリンケージの下の、上下2分割になっているオイルシールのグリス切れでが疑わしい、と言う説です。
リフトアップして、長いカバーを外すと、太いシャフトと挟むように2本のシャフトがあり、そこの横方向の動きを支えるシールのグリスは、量が少なくなると、高温で粘りを失って、強い摩擦感を手に伝えるので、そこをグリスアップすればよい、というものです。

週末にやってみようと思っていますが、プロのご意見はいかがなものでしょうか?
ご教示ください。
 

(神奈川県 SHINさん)

 sddsdfgfgfa.JPG

 SHINさん、画像参照でお話します。
964MTでよくあるのは26のブッシュの破損です。27のシャフトを支持するもので、これが痛むと
シフトレバーに上下のがたが出ます。引っ張りあげれるようになったり、シフトの位置関係がおかしくなるので
確認できるんです。
文章に出てくる話は、シフトレバーを操作することで27のシャフトを軸として2と3が合体したものが前後と
回転方向にスライドして動きます。この回転方向の時に渋りがあるからシフトレバーの横方向の動きが悪いのでは?
と憶測されるということになります。この場合のブッシュは4番×4個のパーツです。
とりあえずアンダーカバーを外してブッシュ関係や15,16にボールジョイントの動きなどの確認してください。
ここ以外の動く箇所となると、ミッション内部の問題ってことになりかねませんよ。