フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

ぶぉ~ん、ぶぉ~んと唸るファン音 (porsche 964)

患者のカルテ
年式1991年
モデル964carrera2
症状ACコンデンサーファン誤作動
修理内容各所点検、ファンリレー交換

 

2009年03月09日
 
CIMG4759.JPG
 左前に付いてるファンが、変な作動を繰り返します。
エアコン用のコンデンサーファンの音です。

通常ではACコンプレッサースイッチON時に、一定の速度でブーーーーンと回ってます。
普段は低速回転、ガス圧力が上がると高速回転の2段階の速度で回ります。
それが、次の動画で見ると、変な動きをしてるのがわかりますよ。
 

 ちょっと音が聞き取り難いかもしれないけど、
5秒周期ぐらいで、回ったり止まったりの繰り返し。
高速回転と停止の繰り返しなので、けっこうな騒音です。
なんか、生きてるみいで、何かを訴えかけてるかのような・・・・
ぶぉ~ぶぉ~んぶぉ~ん
 

CIMG4757.JPG
 動画の中で差し換えてるのがリレー摩天楼の中のコンデンサーファンリレー
隣のオイルクーラーファンリレーと同じものなので、交換してみることで良否判定できます。
差し換えたら、ファンが一定回転(低速)で回りだしのがわかりましたよね。
 
CIMG4748.JPG
 問題のリレーの足から見た風景
7本の足が出てます。以前書いた日誌のDMEリレーに似てます。
 
CIMG4751.JPG
DMEリレーの故障の時は、「ケースを開けて中の接点を強制ONしてください」と
指示することがあるけど、こんな風に先のとがったもので、こぜて爪を外すだけです。 
 
CIMG4744.JPG
中身はこんな感じ。コイルが2個あるので2接点タイプのリレーです。
結果を言うと、黄色枠のコイルが断線してるようです。
 
CIMG4753.JPG
 端子86ー85c間の導通チェックします。
680Ωですが、これはコイル回路に並列で付いてる抵抗の数値で、コイルは断線してます。
 
CIMG4754.JPG

正常な数値はこれぐらいです。
壊れたリレーは交換ですね。

これで不可解な動きをするコンデンサーファンは正常に戻ってくれました。
不安定なファンによって冷却もままならないコンデンサーでしたが、
ガス圧も一定になり、快適なエアコンが使えるはずです。

ポルシェの訴えかける声に、時々耳を傾けてみましょう。

CIMG4758.JPG
 リレー摩天楼はフューズBOXに並びます。
よく、「フューズはどこにある?見たこと無いわ」と聞かれます。
ここですよ!トランクカーペットをめっくた裏側に黒い弁当箱がありますよ。
 
 
 

 

おだいじに!