フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

アイドリング不調&バッテリー上がりその後 (porsche 964)

ザコさん、アドバイスありがとうございます。早速アイドリングの不調を調べると、どうもエアフロとインテークのリングがゆるんでいたようでエアーをすっていたようです。(K&Nのキノコフィルターにしているので振動でゆるんでしまったのかもしれません。)次にバッテリー上がりの件で確かに1番ヒューズを抜くとバッテリーの電圧降下はおさまります。暗電流も高かったのですが抜くと小さくなります。そこでスペアーにとって置いたエアコンコントロールユニットに付け替える前に1番ヒューズを差し込むとバッチと火花が出て、何か動作音がするのですが、それが原因に何か関係するのでしょうか?付け替えても、電圧降下、暗電流も上がったままだと言うことは両方ともユニットはだめと言うことでしょうか?ユニットの修理はできるのでしょうか?よろしくお願いいたします。
 

(北海道  yoshiさん)

先日の報告ですね。ありがとうございます。その後の報告があるとQ&Aの真価があると言うものですもんね。
エアフロ下流のエア吸いがありましたか、この場合は温もった後でも若干アイドル不調とかあったかも
しれませんね。エアクリーナーが変更されてるようなので、重みに耐えるステーなどをしっかり取り付けるのを
お勧めします。

バッテリー上がりについては、やはり1番のフューズを抜いて暗電流が減ると言うことなので、エアコンコントローラー
の不調だと思います。
キーOFFでもフューズを挿した時にパチパチと通電する感じがあるならおかしいですね。
コントローラー不良なのかどうかは他の機器類の点検も同時に見ていきたいですが、その時に何か作動する装置
はありませんか?どれかファンが回るとか、コントローラーのランプが点灯してるとか・・・
コントローラーは非常に高価で20万円近くします。修理も内部の簡単な修理で済む場合があるのですが、
ほとんどダメなことが多いですね。その時は、1番のフューズは常時電源が来ているせいで、いつまでも電気が
流れてしまうので、この電源をIG-ON電源に改造して対処する方法もあります。
弊害はエンジン切った後の20分程度の間に、エンジン周辺雰囲気温度が上がってくると自動でエンジンルームファン
が回り、排気系を中心に冷却するって言う特殊なシステムが付いてるのですが、それが作動しないと言う点です。
964はファンの回るセンサー部の設定温度は通常でも95℃ですからほとんど回ってるのを見ることはないでしょうけど。
(993は75℃だったかな?、けっこう回ります)