フロッシュはポルシェ専門メンテナンス工場です。ポルシェの整備・メンテナンスお任せ下さい!

Twitterで情報発信しています!
FROSCH/フロッシュ
 

旧車の塗装は要注意 (porsche 930)

 

 

       
患者のカルテ
年式1974年
モデル930carrera 2.7
症状塗装のハゲ
修理内容ドア一枚ペイントになる予定

 

2009年 3月 1日
去年12月17日のブログ「自分大好き サーキット画像」の最後に書いた‘落ち‘って
話し覚えてます?
その辺を踏まえて、少し日誌にして見ました。
 
okwmfLRmUJEolgYR7T03ks3CwibY01.jpg

 おさらいですけど、楽しく走り終えたピット裏にたたずむ‘74
ゼッケンを張った姿がレーシーでしょ。
 

m_081214_0353.jpg

♪~だけども、だけど!
走行会を終えて、わいわいとおしゃべりしながら片付けしながらビニールテープで貼ったゼッケンを
剥がしたその瞬間・・・
テープと一緒に、右ドアの塗装までペリペリペリ~っとはがれちゃいました。
 

CIMG3039.JPG

こんな簡単にはがれちゃうと、吹っ切れちゃって、かさぶたを 剥がすみたいに
どこまではがれるのかな?ってペリペリを楽しみました。

旧車はほんとに要注意です。わかってたんだけど、まさか自分の車がね~。ってやつです。
普通のテープはもちろん、粘着の低いマスキングテープでも塗装まで(表面のクリア層とか)
剥がしちゃう場合があるので十分注意してくださいね。

 

CIMG4441.JPG

ぜんぜん、鉄板と密着してないですね。新車時の塗装膜と鉄板の隙間ができて
浮いた感じになってます。こんなに拡大しちゃって。
この当時は亜鉛メッキはフロアパネルぐらいしか施されてなかったので(ボディ全体に亜鉛メッキが
使われるようになったのは76年から)、錆が出でたら?と不安でもありましたが
今の所35年前の状態の綺麗な鉄板がお目見えしてるだけでしたよ。
気休めに透明テープ貼りました。
 

CIMG4440.JPG

けっきょく、こんなはげ方してしまったら、今後のために全部剥離して、再塗装しないと
また同じようになるのは目に見えてますので、暇を見つけて手間かけてペリペリやってみましょうか。
いったいどこまで浮いてるんだろうな?ッてな感じで。

ちょっと離れてみると、carreraサイドデカールと重なってるので、違和感無かったりしませんか?(笑)
 

CIMG4442.JPG
ちなみにもう、新品のcarreraデカールは手配済み。同じ黒ストライプです。
 
CIMG2679.JPG
最近、いろんな色やタイプのものが出回ってるので、こんな楽しみ方もありかもしれません。
 
CIMG2683.JPG

ゴールドストライプですが、ちょっとした気分転換にもなりましたとさ。

の模様替え。
 

 
おだいじに!